検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

人の歯のエナメル質の標準試料作成に向けて; 試料処理方法による信号生成効率の比較

Preparation of national standard human tooth enamel; Comparison of dosimetric signal formation efficiency

戸高 安曇*; 豊田 新*; 舘 萌々子*; 島崎 達也*; 岡 壽崇  ; 山口 一郎*; 井上 一彦*; 保田 浩志*; 廣田 誠子*; 谷 篤史*; 三宅 実*; 水野 秀之*; 星 正治*

Todaka, Azumi*; Toyoda, Shin*; Tachi, Momoko*; Shimazaki, Tatsuya*; Oka, Toshitaka; Yamaguchi, Ichiro*; Inoue, Kazuhiko*; Yasuda, Hiroshi*; Hirota, Seiko*; Tani, Atsushi*; Miyake, Minoru*; Mizuno, Hideyuki*; Hoshi, Masaharu*

人の歯を用いたESR(電子スピン共鳴)線量計測では、吸収線量とエナメル質中の炭酸ラジカル強度の関係(検量線)を用いた検量線法を用いるのが通例であり、この検量線を作成するため、各研究グループは独自の標準試料を準備している。しかし、これらの標準試料は独自のプロトコルに基づいて作製されているため、ある意味では線量計測手順が「標準化」されているとはいえない。そこで国内で共通の標準試料を作製することにした。歯のエナメル質抽出の過程で、作業を行った研究室ごとに検量線の傾き(感度)が大きく違わないことが重要であるという観点から、国内5つの研究室で抽出したエナメル質の吸収線量に対する感度を調べたところ、抽出法に起因すると考えられる差異は認められなかった。

To estimate the external exposure dose using electron spin resonance technique, we use a "standard sample" which were prepared at each laboratory with each preparation protocol. It is necessary to unite the preparation protocol for the "real" standard sample. In the point of view of the enamel extraction method, no difference was observed for five dose responses between the absorbed dose and the CO$$_2$$ radical intensity.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.