検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

火山弧の隆起形態の推定を目指して; 奥羽脊梁山地北部の花崗岩類におけるアパタイトフィッション・トラック法の適用

Toward the reconstruction of the uplift style of a volcanic arc; Insights from apatite fission-track thermochronometry of granitoids in the northern part of the Ou Backbone Range

福田 将眞  ; 末岡 茂  ; 梶田 侑弥*; 鏡味 沙耶  ; 横山 立憲  ; 田上 高広*

Fukuda, Shoma; Sueoka, Shigeru; Kajita, Yuya*; Kagami, Saya; Yokoyama, Tatsunori; Tagami, Takahiro*

弧-海溝系に一般的にみられる火山弧の形成・発達に伴う鉛直方向の変形過程(隆起・削剥史)の推定を目的として、典型的な島弧として知られる東北日本弧に分布する花崗岩類を対象にアパタイトフィッション・トラック(AFT)年代測定を実施した。本研究では、奥羽脊梁山地北部における白亜紀から中新世の花崗岩類の計7試料を対象としており、年代分析の結果、新たに数十Maから数MaのAFT年代を得た。これは奥羽脊梁山地の南部で得られた既往AFT年代の結果と整合的であり、特に若い数MaごろのAFT年代は、6.5Ma頃に始まり第四紀に加速した東西圧縮に伴う隆起・削剥を反映している可能性が示唆された。本講演では、奥羽脊梁山地の南北で実施されたAFT年代の空間分布を比較し、隆起形態の議論を試みる予定である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.