検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

X-ray diffraction study on structural change in liquid selenium under high pressure

高圧下における液体セレンの構造変化のX線回折による研究

片山 芳則; 水谷 剛; 内海 渉; 下村 理; 辻 和彦*

Katayama, Yoshinori; Mizutani, Takeshi; Utsumi, Wataru; Shimomura, Osamu; Tsuji, Kazuhiko*

液体セレンは常圧では鎖状分子からなる半導体である。以前の高圧下でのX線回折実験によって、8.4GPaでの液体セレンの構造は常圧での液体テルルの構造に似ていることがわかった。液体テルルは金属であることから、この結果は液体セレンが高圧下で金属になることを示唆している。事実、液体セレンの電気伝導度が高圧下で急激に下がることが最近報告された。この半導体金属転移と構造変化の関係を調べるために、転移の境界線付近でのX線回折実験をSPring-8の原研材料科学ビームラインを用いて行った。その結果、液体セレンの2.2GPaでの構造因子は常圧のものと似ているが、3.5GPa以上では第1ピークと第2ピークの強度比が逆転していくことがわかった。この強度比の逆転は約4GPaで温度を上げたときにも観察された。これらの結果は、半導体金属転移が構造の変化を伴うことを示している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:67.54

分野:Physics, Condensed Matter

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.