検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 26 件中 1件目~20件目を表示

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Observation of a Be double-Lambda hypernucleus in the J-PARC E07 experiment

江川 弘行; 足利 沙希子; 長谷川 勝一; 橋本 直; 早川 修平; 細見 健二; 市川 裕大; 今井 憲一; 金原 慎二*; 七村 拓野; et al.

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2019(2), p.021D02_1 - 021D02_11, 2019/02

A double-$$Lambda$$ hypernucleus, $${}_{LambdaLambda}mathrm{Be}$$, was observed by the J-PARC E07 collaborationin nuclear emulsions tagged by the $$(K^{-},K^{+})$$ reaction. This event was interpreted as a production and decay of $$ {}_{LambdaLambda}^{;10}mathrm{Be}$$,$${}_{LambdaLambda}^{;11}mathrm{Be}$$, or $${}_{LambdaLambda}^{;12}mathrm{Be}^{*}$$ via $$Xi^{-}$$ capture in $${}^{16}mathrm{O}$$.By assuming the capture in the atomic 3D state, the binding energy of two $$Lambda$$ hyperons$$,$$($$B_{LambdaLambda}$$)of these double-$$Lambda$$ hypernuclei are obtained to be$$15.05 pm 0.11,mathrm{MeV}$$, $$19.07 pm 0.11,mathrm{MeV}$$, and $$13.68 pm 0.11,mathrm{MeV}$$, respectively. Based on the kinematic fitting, $${}_{LambdaLambda}^{;11}mathrm{Be}$$ is the most likely explanation for the observed event.

論文

Trapping probability of strangeness via $$mathrm{Xi}^{-}$$ hyperon capture at rest in nuclear emulsion

Theint, A. M. M.*; 江川 弘行; 吉田 純也; 他7名*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2019(2), p.021D01_1 - 021D01_10, 2019/02

In the E373 experiment at KEK-PS, we have located nearly $$2 times 10^{4}$$ stopping events of $$Xi^{-}$$ hyperon candidates in nuclear emulsion. Among them, the identification of $$Xi^{-}$$ hyperon was performed with Constant Sagitta (CS) method by measuring multiple Coulomb scattering for 695 clearly stopping events. With use of Geant4 simulation, the parameters for the CS method were optimised and we obtained the number of real $$Xi^{-}$$ stopping events to be $$432.3 pm 7.6^{+0.0}_{-14.0}$$ with 3.2% systematic error. The trapping probabilities of two $$Lambda$$ hyperons for light and heavy nuclei were found to be $$5.0 pm 1.7$$% and $$4.2 pm 1.4$$%, respectively. For at least one $$Lambda$$ trapping, the probabilities were $$69.4 pm 8.1$$% and $$51.1 pm 5.7$$% for light and heavy nuclei. These results are the first time to present the trapping probabilities of $$Lambda$$ hyperons via $$Xi^{-}$$ hyperon capture at rest in the emulsion.

論文

Gamma-ray spectrum from thermal neutron capture on gadolinium-157

萩原 開人*; 矢野 孝臣*; Das, P. K.*; Lorenz, S.*; 王 岩*; 作田 誠*; 木村 敦; 中村 詔司; 岩本 信之; 原田 秀郎; et al.

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2019(2), p.023D01_1 - 023D01_26, 2019/02

We have measured the $$gamma$$-ray energy spectrum from the thermal neutron capture, $$^{157}Gd(n,gamma)^{158}Gd$$, on an enriched $$^{157}$$Gd target ($$Gd_2O_3$$) in the energy range from 0.11 MeV up to about 8 MeV. The target was placed inside the germanium spectrometer of the ANNRI detector at J-PARC and exposed to a neutron beam from the Japan Spallation Neutron Source (JSNS). Radioactive sources ($$^{60}$$Co, $$^{137}$$Cs, and $$^{152}$$Eu) and the reaction $$^{35}Cl(n,gamma)$$ were used to determine the spectrometer's detection efficiency for $$gamma$$ rays at energies from 0.3 to 8.5 MeV. Using a Geant4-based Monte Carlo simulation of the detector and based on our data, we have developed a model to describe the $$gamma$$-ray spectrum from the thermal $$^{157}Gd(n,gamma)^{158}Gd$$ reaction. While we include the strength information of 15 prominent peaks above 5 MeV and associated peaks below 1.6 MeV from our data directly into the model, we rely on the theoretical inputs of nuclear level density and the photon strength function of $$^{158}$$Gd to describe the continuum $$gamma$$-ray spectrum from the $$^{157}Gd(n,gamma)^{158}Gd$$ reaction. The results of the comparison between the observed $$gamma$$-ray spectra from the reaction and the model are reported in detail.

論文

Measurement of the $$tau$$ Michel parameters $$bar{eta}$$ and $$xikappa$$ in the radiative leptonic decay $$tau^- rightarrow ell^- nu_{tau} bar{nu}_{ell}gamma$$

清水 信宏*; 谷田 聖; Belle Collaboration*; 他169名*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2018(2), p.023C01_1 - 023C01_26, 2018/02

We present a measurement of the Michel parameters of the $$tau$$ lepton, $$bar{eta}$$ and $$xikappa$$, in the radiative leptonic decay $$tau^- rightarrow ell^- nu_{tau} bar{nu}_{ell} gamma$$ using 711~f$$mathrm{b}^{-1}$$ of collision data collected with the Belle detector at the KEKB $$e^+e^-$$ collider. The Michel parameters are measured in an unbinned maximum likelihood fit to the kinematic distribution of $$e^+e^-rightarrowtau^+tau^-rightarrow (pi^+pi^0 bar{nu}_tau)(ell^-nu_{tau}bar{nu}_{ell}gamma)$$ $$(ell=e$$ or $$mu)$$. The measured values of the Michel parameters are $$bar{eta} = -1.3 pm 1.5 pm 0.8$$ and $$xikappa = 0.5 pm 0.4 pm 0.2$$, where the first error is statistical and the second is systematic. This is the first measurement of these parameters. These results are consistent with the Standard Model predictions within their uncertainties and constrain the coupling constants of the generalized weak interaction.

論文

Resistive-wall impedances of a thin non-evaporable getter coating on a conductive chamber

菖蒲田 義博; Chin, Y. H.*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2017(12), p.123G01_1 - 123G01_22, 2017/12

J-PARCのRCS(Rapid-Cycling Synchrotron)の真空容器は ビームを不安定にしないように、内面をTiN(窒化チタン)でコーティングして電子雲の発生を抑制してある。以前、われわれがRCS用に考案したこのようなタイプの真空容器にビームが誘起する電磁場の計算手法は、TiN以外の抵抗性物質をコーティングした場合の他の加速器施設にも適用可能なものである。今回、われわれは、SLS-II (Swiss Light Source)の研究者と議論する機会があり、非蒸発性ゲッタ材料(NEG)の薄膜をコーティングした銅製の真空容器が作るビームの結合インピーダンス(電磁場)の性質について検討した。銅製の真空容器の肉厚の効果も考慮すると、ビームのもつ周波数が小さいうちは、ビームの結合インピーダンスに外界の大気の効果が現れるが、周波数が上がっていくにつれて、銅やNEGの効果が支配的になることがわかった。さらに、銅が支配的な領域からNEGが支配的な領域への遷移は、0.1-100GHzでゆっくりと起こり、100GHz付近で従来の理論とは著しく異なる結果が得られた。このような検討結果は、特にSLS-IIなどの電子型の加速器を設計するときの指針となることが期待される。

論文

Observation of simultaneous oscillations of bunch shape and position caused by odd-harmonic beam loading in the Japan Proton Accelerator Research Complex Rapid Cycling Synchrotron

山本 昌亘; 野村 昌弘; 島田 太平; 田村 文彦; 原 圭吾*; 長谷川 豪志*; 大森 千広*; 杉山 泰之*; 吉井 正人*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2017(11), p.113G01_1 - 113G01_24, 2017/11

J-PARC 3GeVシンクロトロン(RCS)では、陽子のバンチが二つ加速器リングを周回している。そして陽子にエネルギーを与える加速電圧も、周回周波数の2倍の周波数で発生させている。このため、大強度ビームの場合バンチが加速空胴を通過する度にウエイク電圧を誘起するが、ウエイク電圧のフーリエ成分も偶数次が主成分となり、奇数次成分はほとんど観測されないはずと考えられていた。実際に加速初期には奇数次成分はほとんど観測されないが、時間とともに増大しビーム損失を起こす現象が観測された。ビーム測定の結果から、奇数次のウエイク電圧がバンチの位置だけでなく形状も同時に振動させていることが示唆された。この振動は奇数次成分をさらに増大させるため、振動が収まらなくなる。ビームシミュレーションはビーム測定の結果をうまく再現し、奇数次のウエイク電圧が極端な高周波バケツ変形を引き起こしてビーム損失に至る様子が確認された。以上のことから、予めマイナーハーモニック成分にもビーム負荷補償システムを導入すればビーム損失が防げることが示されたので、加速器の放射化を減らし安定なビーム運転に貢献することが期待される。

論文

Beam-based compensation of extracted-beam displacement caused by field ringing of pulsed kicker magnets in the 3 GeV rapid cycling synchrotron of the Japan Proton Accelerator Research Complex

原田 寛之; Saha, P. K.; 田村 文彦; 明午 伸一郎; 發知 英明; 林 直樹; 金正 倫計; 長谷川 和男

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2017(9), p.093G01_1 - 093G01_16, 2017/09

AA2017-0286.pdf:4.64MB

J-PARC 3GeVシンクロトロン(RCS)は、設計出力1MWの大強度陽子加速器である。このRCSで3GeVまで加速された陽子ビームは、リング内の8台のパルスキッカー電磁石で取り出しラインへ導き、物質生命科学実験施設や後段の加速器へ供給されている。しかしながら、この電磁石の電磁回路的なリンギングにより時間的な磁場変調を生じており、取り出しビームが大きく変動していた。この変動は、中性子源標的の故障リスクの増大や後段加速器のビーム損失の増大を生じ、大きな課題である。特別な短パルスビームと各電磁石のタイミングスキャンを行い、取り出しビームの位置変動を測定することで、この磁場変調を実測し把握した。それを用いて各電磁石の磁場変調を抑制する最適なタイミングを求め、適用することで装置の改造を行うことなく要求以上の精度のビーム取り出しを実現した。さらにタイミングのずれを自動で測定し補正するシステムを導入し、安定化も実現した。この論文では、手法や成果を報告する。

論文

Theoretical elucidation of space charge effects on the coupled-bunch instability at the 3 GeV Rapid Cycling Synchrotron at the Japan Proton Accelerator Research Complex

菖蒲田 義博; Chin, Y. H.*; Saha, P. K.; 發知 英明; 原田 寛之; 入江 吉郎*; 田村 文彦; 谷 教夫; 外山 毅*; 渡辺 泰広; et al.

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2017(1), p.013G01_1 - 013G01_39, 2017/01

AA2016-0375.pdf:3.07MB

 被引用回数:5 パーセンタイル:26.6(Physics, Multidisciplinary)

大強度のビームを加速すると、一般にビームは不安定になることが知られている。それは、周回中のビームと加速器の機器には電磁相互作用(ビームのインピーダンス)があるからである。ビームを不安定にならないようにするためには、ビームのインピーダンスが閾値を超えなければ良いことが分かっていて、それは、インピーダンスバジェットと呼ばれている。J-PARC 3GeVシンクロトロンは、キッカーというビームを蹴り出す装置がインピーダンスバジェットを破っていることが、建設初期の段階から明らかにされており、1MWビームの達成を阻害することが懸念されてきた。今回、ビームの構成粒子自身の電荷に由来する電磁相互作用(空間電荷効果)には、ビームを安定化させる効果があることを理論的に明らかにした。また、ビームのパラメータや加速器のパラメータを適切に選べば、J-PARC 3GeVシンクロトロンのような低エネルギーのマシーンでは、従来のインピーダンスバジェットを破ることは、1MWビームを達成する上で致命傷にはならないことを実験的にも実証した。

論文

On the structure observed in the in-flight $$^{3}$$He($$K^{-}, Lambda p)n$$ reaction at J-PARC

関原 隆泰; Oset, E.*; Ramos, A.*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2016(12), p.123D03_1 - 123D03_27, 2016/12

AA2016-0237.pdf:1.53MB

 被引用回数:17 パーセンタイル:12.72(Physics, Multidisciplinary)

In this contribution we theoretically investigate what is the origin of the peak structure observed in the E15 experiment of the in-flight $$^{3}$$He($$K^{-}, Lambda p)n$$ reaction at J-PARC, which could be a signal of the lightest kaonic nuclei, that is, the $$bar{K} N N (I=1/2)$$ state. For the investigation, we evaluate the $$Lambda p$$ invariant mass spectrum assuming two possible scenarios to interpret the experimental peak. One assumes that the $$Lambda(1405)$$ resonance is generated after the emission of an energetic neutron from the absorption of the initial $$K^-$$, not forming a bound state with the remaining proton. The other scenario implies that, after the emission of the energetic neutron, a $$bar{K} N N$$ bound state is formed. Our results show that the experimental signal observed in the in-flight $$^{3}$$He($$K^{-}, Lambda p)n$$ reaction at J-PARC is qualitatively well reproduced by the assumption that a $$bar{K} N N$$ bound state is generated in the reaction, definitely discarding the interpretation in terms of an uncorrelated $$Lambda (1405) p$$ state.

論文

Asymmetry dependence of reduction factors from single-nucleon knockout of $$^{30}$$Ne at $$sim$$ 230 MeV/nucleon

Lee, J.*; Liu, H.*; Doornenbal, P.*; 木村 真明*; 蓑茂 工将*; 緒方 一介*; 宇都野 穣; 青井 考*; Li, K.*; 松下 昌史*; et al.

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2016(8), p.083D01_1 - 083D01_7, 2016/08

AA2016-0230.pdf:0.16MB

 被引用回数:3 パーセンタイル:52.65(Physics, Multidisciplinary)

高速不安定核ビームのノックアウト反応は、不安定核の一粒子状態を調べるのによく用いられている反応である。しかし、ノックアウト反応から反応理論を通じて得られた分光学的因子は、殻模型などの核構造模型から得られるものに比べて一様に減少しており、その減少因子は核子の分離エネルギーに強く依存するという不思議な性質があることが知られている。そのメカニズムはまだ完全には理解されていない。従来の研究では、核子あたり約120MeV程度のビームを使って減少因子が測定されてきた。本研究では、理化学研究所にて、核子あたり200MeV以上のより高速なビームを用いて、$$^{30}$$Neからの一中性子および一陽子ノックアウト反応を調べた。そこで得られた減少因子を殻模型や反対性分子動力学による核構造計算を用いて導いたところ、従来研究と同様の減少因子があることがわかった。

論文

Structure near the $$K^- + p + p$$ threshold in the in-flight $$^3$$He$$(K^-,Lambda p)n$$ reaction

佐田 優太*; 谷田 聖; J-PARC E15 Collaboration*; 他69名*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2016(5), p.051D01_1 - 051D01_11, 2016/05

AA2016-0392.pdf:1.05MB

 被引用回数:24 パーセンタイル:7.47(Physics, Multidisciplinary)

To search for an $$S = -1$$ di-baryonic state which decays to $$Lambda p$$, the $$^3$$He$$(K^-,Lambda p)n_{rm missing}$$ reaction was studied at 1.0 GeV/$$c$$. Unobserved neutrons were kinematically identified from the missing mass $$M_X$$ of the $$^3$$He$$(K^-, Lambda p)X$$ reaction in order to have a large acceptance for the $$Lambda pn$$ final state. The observed $$Lambda pn$$ events, distributed widely over the kinematically allowed region of the Dalitz plot, establish that the major component comes from a three-nucleon absorption process. A concentration of events at a specific neutron kinetic energy was observed in a region of low momentum transfer to the $$Lambda p$$. To account for the observed peak structure, the simplest $$S$$-wave pole was assumed to exist in the reaction channel, having a Breit-Wigner form in energy and with a Gaussian form factor. A minimum $$chi^2$$ method was applied to deduce its mass, $$M_X = 2355^{+6}_{-8}({rm stat.}) pm 12({rm syst.})$$ MeV/$$c^2$$, and decay width, $$Gamma_X = 110^{+19}_{-17}({rm stat.}) pm 27({rm syst.})$$ MeV/$$c^2$$, respectively. The form factor parameter $$Q_X sim 400$$ MeV/$$c$$ implies that the range of the interaction is about 0.5 fm.

論文

A Model of charmed baryon-nucleon potential and two- and three-body bound states with charmed baryon

前田 沙織*; 岡 眞; 横田 朗*; 肥山 詠美子*; Liu, Y.-R.*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2016(2), p.023D02_1 - 023D02_29, 2016/02

 被引用回数:19 パーセンタイル:10.23(Physics, Multidisciplinary)

チャームバリオン($$Lambda_c$$, $$Sigma_c$$, $$Sigma^*_c$$)と核子の相互作用のポテンシャル模型を構築した。長距離到達力として$$pi$$$$sigma$$中間子交換を考え、短距離ではクォーククラスター模型を用いて計算したクォーク交換力を用いた。長距離力には、ハドロンが拡がっている効果として単極形状因子を導入した。カットオフパラメータは同じ方法で$$NN$$散乱のデータに合わせて決めた。その結果4つ(a)-(d)のパラメータセットを得た。最も引力の強いポテンシャルセット(d)では$$Lambda_c$$-$$N$$, $$Sigma_c$$-$$N$$, $$Sigma^*_c$$-$$N$$のチャネル結合によって、スピンパリティが$$0^+$$$$1^+$$の束縛状態を持つ。多体系の束縛状態を探すために、パラメータセット(d)に対応する$$Sigma_c$$ $$N$$の1チャネルポテンシャルを構成し、$$Lambda_c$$-$$N$$-$$N$$の3体系に適用し、スピン$$J$$=1/2と3/2の束縛状態を予言した。

論文

Precise determination of $$^{12}_{Lambda}$$C level structure by $$gamma$$-ray spectroscopy

細見 健二; Ma, Y.*; 味村 周平*; 青木 香苗*; 大樂 誠司*; Fu, Y.*; 藤岡 宏之*; 二ツ川 健太*; 井元 済*; 垣口 豊*; et al.

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2015(8), p.081D01_1 - 081D01_8, 2015/08

 被引用回数:6 パーセンタイル:38.64(Physics, Multidisciplinary)

$$gamma$$線分光によって$$^{12}_{Lambda}$$Cハイパー核のレベル構造を精密に測定した。ゲルマニウム検出器群Hyperball2を用いて、$$^{12}$$C$$(pi^{+}, K^{+}gamma)$$反応からの4本の$$gamma$$線遷移を同定することに成功した。基底状態スピン二重項$$(2^{-}, 1^{-}_{1})$$のエネルギー間隔は直接遷移$$M1$$$$gamma$$線により、$$161.5pm0.3$$(stat)$$pm0.3$$(syst)keVと測定された。また、励起準位である$$1^{-}_{2}$$$$1^{-}_{3}$$について、それぞれ、$$2832pm3pm4$$, keVと$$6050pm8pm7$$, keVと励起エネルギーを決定した。これらの測定された$$^{12}_{Lambda}$$Cの励起エネルギーは反応分光による$$lambda$$ハイパー核の実験研究において決定的な基準となる。

論文

Search for the deeply bound $$K^- pp$$ state from the semi-inclusive forward-neutron spectrum in the in-flight $$K^-$$ reaction on helium-3

橋本 直*; 谷田 聖; J-PARC E15 Collaboration*; 他65名*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2015(6), p.061D01_1 - 061D01_11, 2015/06

AA2015-0706.pdf:0.81MB

 被引用回数:26 パーセンタイル:9.43(Physics, Multidisciplinary)

An experiment to search for the $$K^-pp$$ bound state was performed via the in-flight $$^3{rm He}(K^-,n)$$ reaction using $$5.3 times 10^9$$ kaons at 1 GeV/$$c$$ at the J-PARC hadron experimental facility. In the semi-inclusive neutron missing-mass spectrum at $$theta^{rm lab}_n=0^{circ}$$, no significant peak was observed in the region corresponding to $$K^- pp$$ binding energy larger than 80 MeV, where a bump structure has been reported in the $$Lambda p$$ final state in different reactions. Assuming the state to be isotropically decaying into $$Lambda p$$, mass-dependent upper limits on the production cross section were determined to be 30-180, 70-250, and 100-270 $$mu$$b/sr, for the natural widths of 20, 60, and 100 MeV, respectively, at 95% confidence level.

論文

On-site background measurements for the J-PARC E56 experiment; A Search for the sterile neutrino at J-PARC MLF

味村 周平*; Bezerra, T. J. C.*; Chauveau, E.*; Enomoto, T.*; 古田 久敬*; 原田 正英; 長谷川 勝一; Hiraiwa, T.*; 五十嵐 洋一*; 岩井 瑛人*; et al.

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2015(6), p.063C01_1 - 063C01_19, 2015/06

 被引用回数:1 パーセンタイル:81.9(Physics, Multidisciplinary)

J-PARC E56実験は物質・生命科学実験施設においてステライルニュートリノを探索する実験である。実験の妥当性を検証するために、われわれはMLF 3Fにバックグランドイベント用検出器を設置し、測定を行った。この検出器は500Kgのプラスチックシンチレータから構成されている。陽子ビーム入射によって$$gamma$$線と中性子が生成され、宇宙線起源の$$gamma$$線なども検出された。これらの結果について報告する。

論文

Observation of the "$$K^-pp$$"-like structure in the $$d(pi^+, K^+)$$ reaction at 1.69 GeV/$$c$$

市川 裕大; 長谷川 勝一; 細見 健二; 今井 憲一; 佐甲 博之; 佐藤 進; 杉村 仁志; 他37名*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2015(2), p.021D01_1 - 021D01_8, 2015/02

 被引用回数:45 パーセンタイル:4.51(Physics, Multidisciplinary)

1.69GeV/$$c$$$$pi^+$$ビームによる$$d(pi^+, K^+)$$反応の測定から"$$K^-pp$$"-like structureを観測した。この反応では、$$Lambda^*prightarrow K^-pp$$のように$$Lambda$$(1405)を中間状態として$$K^-pp$$束縛状態が形成されると考えられる。しかしながら、大部分の$$Lambda(1405)$$は上記のような二次反応を行わず重水素外に放出されてしまう。そこで、250MeV/$$c$$以上の運動量で大角度($$39^circ<theta_{rm lab.}<122^circ$$)に放出される陽子を同時検出することで、シグナル-バックグラウンド比を向上させ、2.27GeV/$$c^2$$付近に幅の広い構造を観測した。この構造は$$K^-pp$$の束縛エネルギー・崩壊幅において、それぞれ95$$^{+18}_{-17}$$(stat.)$$^{+30}_{-21}$$(syst.)MeV、162$$^{+87}_{-45}$$(stat.)$$^{+66}_{-78}$$(syst.)MeVに相当する。

論文

Backward-angle photoproduction of $$omega$$ and $$eta'$$ mesons from protons in the photon energy range from 1.5 to 3.0 GeV

森野 雄平*; Hwang, S.; 今井 憲一; 谷田 聖; LEPS Collaboration*; 他46名*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2015(1), p.013D01_1 - 013D01_11, 2015/01

AA2015-0719.pdf:1.08MB

 被引用回数:4 パーセンタイル:50.01(Physics, Multidisciplinary)

We report the measurement of differential cross sections for $$omega$$ and $$eta '$$ photoproduction from protons at backward angles ($$-1.0 < cos Theta_{C.M}^{X} < -0.8$$) using linearly polarized photons at $$E_{gamma }=1.5$$-$$3.0$$ GeV. The differential cross sections for $$omega$$ mesons are larger than the predicted $$u$$-channel contribution based on amplitude analysis in the energy range $$2.0leq sqrt {s}leq 2.4$$ GeV. The differential cross sections for $$omega$$ and $$eta '$$ mesons become closer to the predicted $$u$$-channel contribution at $$sqrt {s} > 2.4$$ GeV. A bump structure in the $$sqrt {s}$$ dependence of the differential cross sections for $$eta'$$ mesons was observed at $$sqrt {s}sim 2.35$$ GeV.

論文

Estimating fission-barrier height by the spherical-basis method

小浦 寛之

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2014(11), p.113D02_1 - 113D02_10, 2014/11

AA2013-0603.pdf:1.41MB

 被引用回数:3 パーセンタイル:61.77(Physics, Multidisciplinary)

核分裂障壁を計算する新しい方法を考案した。原子核のポテンシャルエネルギー障壁をKTUY質量公式計算に用いた球形基底の方法で計算する。対象変形形状のもとでの計算において、核分裂障壁が系統的に高い領域($$^{252}$$Fm近傍)、低い両領域($$^{278}$$Ds近傍)を指摘し、その物理的起源を球形基底法の枠内で議論した。超重核領域での系統的な計算を行い、未知中性子欠損超重核領域における原子核の存在領域について調べ、$$N$$=228付近に、ある程度の寿命で存在しうる核種が存在する可能性を指摘した。

論文

Inclusive spectrum of the $$d(pi^{+}, K^{+})$$ reaction at 1.69 GeV/$$c$$

市川 裕大; 長谷川 勝一; 細見 健二; 今井 憲一; 佐甲 博之; 佐藤 進; 杉村 仁志; 他37名*

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2014(10), p.101D03_1 - 101D03_8, 2014/10

 被引用回数:12 パーセンタイル:26.29(Physics, Multidisciplinary)

質量分解能2.7$$pm$$0.1MeV/$$c^2$$(FWHM)の精度で、1.69GeV/$$c$$$$pi^{+}$$ビームを用いて、$$d(pi^+, K^+)$$の包括的な質量欠損スペクトルを測定した。そこで、おおむね得られたスペクトルを単純な準自由過程のシミュレーションで再現することができたが、以下にあげる二つの逸脱が見られた。すなわち、2.13GeV/$$c^2$$付近における$$Sigma N$$ cusp起因と考えられる過剰事象と$$Lambda(1405)$$$$Sigma(1385)^{+/0}$$の生成領域におけるバンプ構造の中心値が低い質量側に22.4$$pm$$0.4(stat.)$$^{+2.7}_{-1.7}$$(syst.)MeV/$$c^2$$ずれていることを見出した。

論文

Rotational level structure of sodium isotopes inside the "island of inversion"

Doornenbal, P.*; Scheit, H.*; 武内 聡*; 宇都野 穣; 青井 考*; Li, K.*; 松下 昌史*; Steppenbeck, D.*; Wang, H.*; 馬場 秀忠*; et al.

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2014(5), p.053D01_1 - 053D01_9, 2014/05

 被引用回数:7 パーセンタイル:38.92(Physics, Multidisciplinary)

理化学研究所RIBFにて、中性子過剰ナトリウム同位体$$^{33,34,35}$$Naのエネルギー準位を測定した。中性子数20領域の中性子過剰核は、中性子数20の魔法数が消滅し、大きく変形することが知られているが、その領域がどの程度の中性子数まで続くのかは明らかになっていない。本実験によって、$$^{35}$$Naの励起準位を初めて測定し、$$^{33}$$Naに近いエネルギー準位を持つことを明らかにした。また、$$sd$$殻に$$f_{7/2}$$軌道および$$p_{3/2}$$軌道を加えた大きな模型空間を用いて計算した殻模型計算によって、これらの中性子過剰核のエネルギー準位をよく再現することができた。これらの準位の電磁行列要素の計算から、$$^{35}$$Naも大きく変形していることがわかり、「逆転の島」と呼ばれる中性子数20の魔法数が消滅する領域に含まれることが明らかになった。

26 件中 1件目~20件目を表示