検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 383 件中 1件目~20件目を表示

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

特許

緊急呼出パネルおよび緊急通信システム

山本 雄三; 飛田 和則

高橋 克彦*; 引間 隆文*

特願 2004-232073  公開特許公報  特許公報

【課題】緊急通信システムのエマージェンシーコールサーバをボタン操作だけで迅速に簡単に制御できる緊急呼出パネル、およびエマージェンシーコールサーバと緊急呼出パネルからなる緊急通信システムを提供する。 【解決手段】 緊急呼出パネルは緊急通信システムのコールサーバで通報される定型通報に対応するように予め割り当て可能な通報ボタンと、通報ボタンが定型通報に応じて選択された状態で、選択された定型通報のデータをコールサーバに送る送信ボタンとを有する。 緊急通信システムはコールサーバと該コールサーバの通報処理を実行させるための緊急呼出パネルからなり、緊急呼出パネルで、通報内容により定型通報に対応して通報ボタンを選択して、選択した定型通報のデータを含む開始要求データをコールサーバに送り、コールサーバで、開始要求データを取得したとき、通報処理を実行する。

特許

多区間水質連続モニタリング装置

岩月 輝希; 古江 良治

小川 賢*

特願 2005-033027  公開特許公報  特許公報

【課題】ボーリング孔内に設定した複数の地下水採水区間を対象として、溶存ガスの脱ガスを抑制しながら地下水を採水し物理化学的状態の測定を連続的に行う。 【解決手段】筒状ケーシング20に複数の遮水用パッカー22を間隔をおいて配設すると共に遮水用パッカーで仕切られる各採水区間と連通する採水配管26を組み込んだ孔内多区間採水部12をボーリング孔10内に挿入する。各採水配管に坑道配管切替部14を接続し、坑道配管切替部によって任意の一つの採水区間の地下水を物理化学的状態測定部16に導く。物理化学的状態測定部に組み込んだ定圧制御弁によって地下水中の溶存ガスの脱ガスを抑制しながらPHや酸化還元電位などを連続測定する。

特許

ひずみ制御型超高サイクル疲労試験方法および疲労試験装置

小高 進; 吉田 英一; 加藤 章一

小嶺 徳晃*; 石上 勝夫*

特願 2005-087548  公開特許公報  特許公報

【課題】超高サイクル疲労試験を短時間で実施することができるひずみ制御型超高サイクル疲労試験方法および疲労試験装置を提供する。 【解決手段】試験条件として、少なくとも試験片1の標点間の全ひずみ範囲Δεtおよび制御速度Fを設定する第1工程と、試験片の標点間の全ひずみ範囲の設定値に相当する非接触式変位計20の目標制御範囲ΔLTを求める第2工程と、制御速度Fで且つ非接触式変位計の計測値の振幅が上記目標制御範囲ΔLTで一定となるように試験片に繰返し荷重を作用させて、非接触式変位計によるひずみ制御下で疲労試験を行う第3工程とを有する。第2工程では、接触式ひずみ計10が追従可能なひずみ速度で試験片に繰返し荷重を作用させたときの接触式ひずみ計の計測値と、非接触式変位計の計測値とを取得し、それら計測値から両者の相関関係を求めて、当該相関関係に基づいて、上記目標制御範囲ΔLTを求める。

特許

METHOD OF MANUFACTURING OXIDE DISPERSION STRENGTHENED MARTENSITIC STEEL EXCELLENT IN HIGH-TEMPERATURE STRENGTH HAVING RESIDUAL α-GRAINS

大塚 智史; 鵜飼 重治; 皆藤 威二; 成田 健

藤原 優行*

特願 10/928119  公開特許公報  特許公報

An oxide dispersion strengthened martensitic steel excellent in high-temperature strength having residual α-grains can be manufactured by a method comprising mixing either element powders or alloy powders and a Y2O3 powder; subjecting the resulting mixed powder to mechanical alloying treatment; solidifying the resulting alloyed powder by hot extrusion; and subjecting the resulting extruded solidified material to final heat treatment involving normalizing and tempering heat treatment to thereby manufacture an oxide dispersion strengthened martensitic steel in which Y2O3 particles are dispersed in the steel, wherein αto γtransformation is not allowed to occur during the described hot extrusion and the proportion of residual α-grains in which oxide particles are finely dispersed in high density is increased by controlling the mixture ratio of the powders for the mechanical alloying treatment.

特許

FLUID IN LIQUID STATE CONTAINING DISPERSED NANO-PARTICLES OF METAL OR THE LIKE

大平 博昭; 荒 邦章; 此村 守

not registered

特願 11/104406  公開特許公報  特許公報

Nano-particles 1 of a metal or the like are dispersed in a liquid fluid 2. Thereby, the reactivity or toxicity of the liquid fluid can be reduced when the liquid fluid has reactivity or toxicity. The flow resistance of the liquid fluid can be raised, and the leakage of the liquid fluid from minute cracks can be reduced. By using the liquid fluid as a heat transfer medium of a heat exchanger, the heat transfer performance equivalent to or higher than the heat transfer performance of the original heat exchanger can be obtained.

特許

溶湯精錬装置及び溶湯精錬方法

阿部 哲也; 廣木 成治; 根本 正博; 新井 貴; 平塚 一; 長谷川 浩一; 田島 保英

大間知 聡一郎*

特願 2005-321013  公開特許公報  特許公報

【課題】従来と比べ溶湯中の3ミクロン以上の介在物や酸化物を著しく少なくし、製品不良を少なくすることを課題とする。 【解決手段】溶融状態のアルミニウム合金やマグネシウム合金を精錬する溶湯精錬装置において、溶融金属を収納する真空精錬装置1と、この真空精錬装置1に接続され,該真空精錬装置1内を1気圧以下に保持しえる真空ポンプと、前記真空精錬装置1内で溶融金属4中の介在物を浮上させる手段とを具備することを特徴とする溶湯精錬装置。

特許

放射線環境下における排気用フィルタ

阿部 哲也; 新井 貴; 根本 正博; 廣木 成治

緑川 洋平*; 三木 聡*

特願 2006-048502  公開特許公報  特許公報

【課題】放射線環境下で使用される排気用フィルタにおいて、継続使用が不可能となった際には、要部を取外して焼却することができるようにする。 【解決手段】保持筒21内に、可燃性の非通気性材料からなる小径の遮板23を、燃焼時に有毒ガスを発生することのない可燃性繊維22で包囲して嵌入した中心部閉塞ユニットフィルタ20と、保持筒31内に、可燃性の非通気性材料からなる環状遮板33を、燃焼時に有毒ガスを発生することのない可燃性繊維34で包囲して嵌入した中心部開口ユニットフィルタ30を、接着剤を使用することなく、軸線方向に交互に重合して外筒10内に嵌合する。

特許

希土類金属の抽出剤と抽出方法

長縄 弘親; 須郷 由美; 下条 晃司郎; 三田村 久吉

not registered

特願 2006-157842  公開特許公報  特許公報

【課題】環境負荷を最小限に抑えつつ、希土類金属を効果的に抽出・分離できる抽出剤およびそれらを用いた抽出方法として、水への溶解度が非常に小さく、完全焼却処分が可能であるとともに、既存のリン系化合物(PC88A 、D2EHPA)に匹敵する、優れた抽出能と選択的分離能を有し、合成コストの低い、新規抽出剤を提供し、これらを用いた抽出方法を提供する。 【解決手段】次式:【化1】で表されるジグリコールアミド酸の骨格を持つ CHON型抽出剤(炭素、水素、酸素、窒素のみから構成され、完全焼却処分が可能な抽出剤)であって、水への溶解度が極端に小さい抽出剤(たとえば、ジオクチルジグリコールアミド酸(DODGAA))をもって、希土類金属の抽出・分離に使用する。

特許

地下水のモニタリング装置及びモニタリング方法

國丸 貴紀

細谷 真一*

特願 2006-242863  公開特許公報  特許公報

【課題】ボーリング孔内の深度方向に所定の間隔で設置される複数の観測用パッカーにて多段に区分けされた各区間のうち採水対象区間の地下水の水質を観測するとともに採水が可能で、かつ、採水時も採水対象区間を含むすべての区間の間隙水圧を連続して測定可能な地下水のモニタリング装置を提供する。 【解決手段】モニタリング装置1は、各区間Sの間隙水圧を測定するための圧力測定手段9と、各区間Sに連結される連結管11を介して各区間Sの地下水を内部に貯留可能な採水用ケーシングパイプ13と、採水用ケーシングパイプ13内を昇降し、採水対象区間WSの地下水を採水するための採水手段15と、圧力測定手段9及び採水手段15にてそれぞれ測定した結果に基づいて解析を行う解析手段16とを備える。

特許

パルス電流の検出方法及びパルス電流電源装置

高柳 智弘

小川 真一*

特願 2006-273423  公開特許公報  特許公報

【課題】交流電流検出器の特性によるパルス電流の検出誤差を補正して、高精度にパルス電流を検出する。 【解決手段】パルス電流の指令波形(71)と交流電流検出器5の出力のいずれか一方をパルス電流の通電期間に合わせて積分又は擬似積分し(83)、該積分値を交流電流検出器の出力に設定された比率で加算し(84)、該加算値にパルス電流の休止期間において保持した前記交流電流検出器の出力を加算して(82)、電磁石3に通電されたパルス電流の検出値とする。

特許

ZNS蛍光体を用いたシンチレーション中性子検出器の中性子/ガンマ線弁別方法

片桐 政樹; 中村 龍也

ニゲル・ローズ*; エリック・シューネヴェルド*

特願 2006-293314  公開特許公報  特許公報

【課題】ZNS蛍光体を用いた中性子イメージ検出器において、計数率特性を維持したままガンマ線感度の低減を図る。 【解決手段】中性子用シンチレータとしてZNS:AG/6LIF中性子検出シートを用い、この検出シートの背後に64本の波長シフトファイバ束をおき、その下面に直交して64本の波長シフトファイバを配置し、縦軸と横軸の波長シフトファイバ束とする。波長シフトファイバ束はそれぞれ64チャンネル光電子増倍管に接続される。マルチアノード光電子増倍管から出力された信号は高速アンプと波高弁別器で10倍に増幅し、波高弁別する。その後、AND回路、ゲート時間発生回路、ゲート回路及びOR回路から構成される回路を用いて、ガンマ線と認識した場合には中性子信号を無効とする。その場合にも、XとYの出力信号のうち少なくとも1つの信号が所定のゲート時間内に計数される場合には中性子信号として計数する。

特許

ガス分析装置

阿部 哲也; 廣木 成治; 根本 正博; 田島 保英

大間知 聡一郎*

特願 2006-338659  公開特許公報  特許公報

【課題】本発明は、被測定ガスを加熱して加熱前後の被測定ガスの重量差を求め、被測定ガス中の微量ガスの実際の重さを測定することを課題とする。 【解決手段】大気等に含まれる微量ガスを定量するガス分析装置であり、被測定ガスを加熱する電気炉(加熱手段)31と、被測定ガスの加熱前後のガス量を測定する計測手段とを具備することを特徴とするガス分析装置。

特許

エマルションフローを利用した連続液-液抽出装置

長縄 弘親; 柳瀬 信之; 永野 哲志

not registered

特願 2007-136496  公開特許公報  特許公報

【課題】撹拌や遠心力などの機械的作用に頼る2液相混合の原理を応用した、既存の連続液-液抽出装置(ミキサセトラ、パルスカラム、遠心抽出器など)に共通する操作性の悪さ、運転・維持コスト高、安全面での不安などの問題を解決でき、種々の産業分野でさらに幅広く利用されると期待できる液-液抽出技術を提供する。 【解決手段】送液のみによってエマルション状態の流れ(エマルションフロー)を発生させる仕組みを作成した。これによって、機械的作用(振とう、撹拌、遠心力など)に依らず、2液相の最良な混合状態をつくりだすことに成功した。また、この方法を原理とする装置を製作した結果、既存の連続液-液抽出装置に共通する上記の問題点のすべてが解決でき、尚且つ、その他の重要項目(迅速性、大量処理能力、効率性、コンパクトさ)については、最良の既存装置(遠心抽出器)に匹敵することがわかった。

特許

ネットワーク回線網を利用するTV会議システム

山本 雄三

渡會 清高*; 平山 勇一*

特願 2007-021711  公開特許公報  特許公報

【課題】ネットワーク回線網を利用したTV会議システムにおいて、出席する拠点PC数が多くても容易に且つ迅速に多拠点PC間の接続を確立できるようにする。 【解決手段】ネットワーク回路網10上の運用支援サーバ12側に、拠点PC14の接続情報を記憶・管理する拠点情報管理機能と、開会要請に応じて自動接続用の接続先を記述した各拠点用のライブ・カメラ情報を作成して各拠点用フォルダに格納し、閉会要請に応じてライブ・カメラ情報を削除する接続支援機能を搭載すると共に、拠点PC側には、運用支援サーバの自拠点用フォルダを周期的に監視してライブ・カメラ情報の有無をチェックするモニタ機能と、ライブ・カメラ情報が存在する場合には、そのライブ・カメラ情報を読み込んで記述されている各拠点のビューアを開閉し送受信を可能・切り離しする接続機能を組み込む。

特許

Radiation or neutron detector using fiber optics

松林 政仁; 片桐 政樹

not registered

特願 11/640238  公開特許公報  特許公報

A radiation or neutron detector wherein lateral side light detecting optical fibers prepared from clear optical fibers that are scraped on a lateral side to permit side incidence of fluorescence are used to detect the fluorescence from a phosphor or a scintillator such that the background to gamma-rays is reduced. If desired, the optical fibers may be bent at 90 degrees and guided to a photomultiplier tube in order to reduce the size of the detector. Fabrication and maintenance of the detector can be facilitated by adopting such a design that a detecting block comprising a detection medium and lateral side light detecting optical fibers is separated from a readout block comprising clear optical fibers.

特許

ハイドロゲル塗工和紙及びその製造装置

吉井 文男; 笠井 昇; 中島 準作; 玉脇 宏

石川 浩*

特願 2007-110400  公開特許公報  特許公報

【課題】湿度に強く、伸縮率の小さいハイドロゲル塗工和紙及びその和紙を安定的に製造する装置を提供すること。 【解決手段】和紙の材料を含む原料をローラによって引き伸ばし、薄板状に形成する抄紙機と、該抄紙機の次段に設置され、引き伸ばされた原料の少なくとも両表面にハイドロゲルを浸透させるため、2個の対称的に配置されたローラを有するプレス機と、前記プレス機の2個のローラが互いに協働しあう個所に、連続的に一定量のハイドロゲルが蓄積されるように、ハイドロゲルを供給するするゲル供給手段を備えている。

特許

セラミックス被覆層の分離方法及び分析方法

植田 祥平; 沢 和弘

not registered

特願 2008-092116  公開特許公報  特許公報

【課題】酸化雰囲気に活性なセラミックス被覆層についても単独で分離し、定比性を求めることができる方法を提供する。 【解決手段】少なくとも核、セラミックス被覆層及び除去層を含むセラミックス被覆粒子から前記核を除去する除去工程(S1)、前記核を除去した前記セラミックス被覆層及び前記除去層を研磨材より研磨する研磨工程(S2)、及び、前記セラミックス被覆層と前記除去層及び前記研磨材とを溶液中で分離する重液分離工程(S3)を備える。

特許

放射性廃棄物処理方法

原田 守; 堂野前 寧

佐藤 康士*; 朽木 憲一*; 角田 俊也*

特願 2007-218796  公開特許公報  特許公報

【課題】放射性廃棄物を装填し、当該廃棄物を高周波加熱装置で加熱溶融して減容させるキャニスタと、外容器とを組み合わせて二重複合容器を構成したものについて、キャニスタから溶融物漏洩があっても、それが外容器の外に流出しないようにし、かつ、溶融物漏洩があった場合の後処理作業を遠隔ハンドリングで簡単容易に行えるようにすること。 【解決手段】放射性廃棄物を装填し、当該廃棄物を高周波加熱装置で加熱溶融して減容させる放射性廃棄物減容容器について、キャニスタを外容器に嵌めて二重複合容器が構成されており、上記外容器が耐熱性セラミック容器であり、キャニスタとの間に隙間があり、キャニスタと外容器との間の隙間が遠隔操作治具を挿入してキャニスタを保持することができる大きさであること。

特許

二重複合容器による加熱溶融減容処理方法およびそれを使った加熱溶融減容処理装置

原田 守; 堂野前 寧

佐藤 康士*; 朽木 憲一*; 角田 俊也*

特願 2007-335167  公開特許公報  特許公報

【課題】キャニスタと外容器で構成する二重複合容器を用いて、高周波加熱溶融した固化体(放射性廃棄物)を高周波加熱溶融炉から取り出し、収納容器に収納することに対して、キャニスタ(減容対象の溶融物の漏洩なし)と二重複合容器(減容対象の溶融物の漏洩有り)とを、同じ方法、同じ手順で簡単、容易に取り扱うことができるようにすることであり、減容対象の溶融物の漏洩なしの場合には、キャニスタを繰り返し利用可能な方式を提供する。 【解決手段】キャニスタを外容器に所定のギャップを持って重ね合わせて嵌めこんだ二重複合容器であって、内部に減容対象物を収容した該二重複合容器を、高周波加熱溶融炉内で加熱溶融することで減容処理を行ない、該減容処理後の二重複合容器を仮蓋、仮容器を介して所定の減容処理物保管容器に収容することによって加熱溶融減容処理方法を実現する。

特許

Vient Flamingo

長谷 純宏; 田中 淳

飯塚 正英*; 木村 康夫*; 関口 政行*

特願 12/152677

A new and distinct cultivar of Osteospermum plant named `Vient Flamingo`,characterized by its compact, semi-upright, outwardly spreading andmounded plant habit; freely branching growth habit; freely floweringhabit; large daisy-type inflorescences with yellow-colored ray floretswith red purple-colored venation; and good garden performance.

383 件中 1件目~20件目を表示