検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 29 件中 1件目~20件目を表示

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

平成26年度研究開発・評価報告書; 評価課題「先端原子力科学研究」(事後及び事前評価)

先端基礎研究センター

JAEA-Evaluation 2015-007, 263 Pages, 2015/09

JAEA-Evaluation-2015-007.pdf:8.66MB

日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成17年3月29日内閣総理大臣決定)及びこの大綱的指針を受けて作成された「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成17年9月26日文部科学大臣決定)、並びに原子力機構の「研究開発課題評価実施規程」(平成17年10月1日制定、平成18年1月1日改正)等に基づき、平成27年1月20日に先端基礎研究センターの先端原子力科学研究に関する第二期中期計画期間の実績に対する事後評価及び第三期中期計画に対する事前評価を先端基礎研究・評価委員会に諮問した。これを受けて、先端基礎研究・評価委員会は、委員会において定められた評価方法に従い、原子力機構から提出された先端基礎研究センターの運営及び先端原子力科学研究の実施に関する説明資料の検討及び先端基礎研究センター長並びに研究グループリーダーによる口頭発表と質疑応答を実施した。本報告書は、先端基礎研究・評価委員会より提出された事後及び事前評価の内容をまとめたものである。

報告書

公募型研究(黎明研究)総括報告書; 平成8年度$$sim$$平成17年度研究課題選定まで

企画室; 先端基礎研究センター

JAERI-Review 2005-040, 119 Pages, 2005/09

JAERI-Review-2005-040.pdf:7.44MB

日本原子力研究所では、公募型研究(黎明研究)を平成8年度より開始し、平成17年度の今日まで継続して実施している。本報告書は、10年間の本公募型研究制度運用についての総括的報告書として、公募型研究の仕組み,応募状況,実施された研究開発課題の実績,評価結果概要,成果,課題,改善点等をとりまとめたものである。

報告書

公募型研究(原子力基礎研究)総括報告書; 平成10年度$$sim$$平成15年度

企画室

JAERI-Review 2005-039, 91 Pages, 2005/09

JAERI-Review-2005-039.pdf:5.42MB

日本原子力研究所では、公募型研究(原子力基礎研究)を平成10年度より開始し、平成15年度をもって終了した。本報告書は、6年間の本公募型研究制度運用についての総括的報告書として、公募型研究の仕組み,応募状況,実施された研究開発課題の実績,評価結果概要,成果,課題,改善点等をとりまとめたものである。

報告書

公募型研究(計算科学技術ソフトウエア研究開発)総括報告書; 平成9年度$$sim$$平成14年度

企画室; 計算科学技術推進センター

JAERI-Review 2005-038, 68 Pages, 2005/09

JAERI-Review-2005-038.pdf:3.85MB

日本原子力研究所では、公募型研究(計算科学技術ソフトウエア研究開発)を平成9年度より開始し、平成14年度をもって終了した。本報告書は、6年間の本公募型研究制度運用についての総括的報告書として、公募型研究の仕組み,応募状況,実施された研究開発課題の実績,評価結果概要,成果,課題,改善点等をとりまとめたものである。

報告書

日本原子力研究所,第2回機関評価報告書

日本原子力研究所研究所評価委員会

JAERI-Review 2004-028, 102 Pages, 2004/12

JAERI-Review-2004-028.pdf:30.81MB

日本原子力研究所では、「国の研究開発全般に共通する評価の実施方法の在り方についての大綱的指針」(平成9年8月7日、内閣総理大臣決定)及び「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成13年11月28日、内閣総理大臣決定)に基づき、平成11年度から5年間の機関運営と研究開発活動全般についての機関評価を実施した。同評価は、外部有識者で構成される「日本原子力研究所研究所評価委員会」によって行われ、その評価結果が第2回機関評価報告書として取りまとめられた。

報告書

物質科学研究専門部会評価結果報告書; 平成14年度事前評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2002-026, 84 Pages, 2002/11

JAERI-Review-2002-026.pdf:5.55MB

研究評価委員会は、原研における研究開発評価の基本指針等に基づき、物質科学研究専門部会を設置し、東海研物質科学研究部が実施する研究開発課題について、平成15年度からの5ヶ年の計画の事前評価を実施した。同専門部会は、8名の外部専門家で構成された。同専門部会は、平成14年4月から平成14年8月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会会合(平成14年6月5日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目,評価の視点,評価の基準に従って行われた。同専門部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され、平成14年8月5日に審議され、研究評価委員会は、この評価結果を妥当と判断し、承認した。

報告書

先端基礎研究専門部会評価結果報告書; 平成14年度事後・中間・事前評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2002-025, 33 Pages, 2002/11

JAERI-Review-2002-025.pdf:2.89MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」及び「研究所評価委員会及び研究評価委員会規程」に基づき、先端基礎研究専門部会を設置し、先端基礎研究センターの平成13年度終了テーマの事後評価、平成12年度開始テーマの中間評価及び平成15年度開始テーマの事前評価を実施した。同専門部会は、8名の外部専門家で構成された。先端基礎研究専門部会は、平成14年5月から平成14年7月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会(平成14年6月4日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目、評価の視点、評価の基準に従って行われた。同専門部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成14年8月5日に審議された。審議の結果、研究評価委員会は、この評価結果を妥当と判断した。本報告書は、その評価結果である。

報告書

米国業績結果法(GPRA)と基礎科学研究に関する評価

高橋 祥次

JAERI-Review 2002-020, 19 Pages, 2002/08

JAERI-Review-2002-020.pdf:1.27MB

米国業績結果法(GPRA)は連邦政府機関がその実施する政策を特に経済的観点から評価し、議会に報告することを目的とした法律である。納税者に対する説明責任を果たし、予算の効率化を図る狙いがある。政府機関は、戦略計画(5年ごと),年次計画(毎年),業績報告書(毎年)を提出しなければならない。行政の内容を経済的に評価し難い、特に基礎科学に対する資金を拠出しているエネルギー省(DOE)や国立科学財団(NSF)も例外ではない。翻って、特殊法人改革の中で、研究開発に対する投資効果分析を求められている我が国研究開発法人も同様の課題を抱えている。このため、DOE,NSFのGPRA報告書の内容や関連する議論を紹介,分析し、課題解決の糸口を提供する。しかし、米国でも、基礎科学の経済評価,投資判断基準の必要性は認めても、内容,手法について議論がまとまっていないのが現状である。

報告書

エネルギーシステム研究専門部会評価結果報告書; 平成13年度事後評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2002-012, 21 Pages, 2002/06

JAERI-Review-2002-012.pdf:2.69MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」等に基づき、エネルギーシステム研究専門部会(外部専門家8名で構成)を設置し、東海研究所エネルギーシステム研究部の平成12年度までの5年間の研究開発実績について、事後評価を実施した。同部会は、平成13年12月から平成14年3月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会会合(平成14年1月23日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目,評価の視点,評価の基準に従って行われた。同部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成14年3月8日に審議され、妥当と判断された。本報告書は、このエネルギーシステム研究専門部会による評価結果である。

報告書

先端基礎研究専門部会評価結果報告書; 平成13年度

研究評価委員会

JAERI-Review 2001-037, 19 Pages, 2001/11

JAERI-Review-2001-037.pdf:1.87MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」及び「研究所評価委員会及び研究評価委員会規程」に基づき、先端基礎研究専門部会を設置し、先端基礎研究センターの平成12年度終了研究テーマの事後評価及び平成14年度開始研究テーマの事前評価を実施した。同専門部会は、8名の外部専門家で構成された。先端基礎研究専門部会は、平成13年5月から平成13年7月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会(平成13年6月26日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目、評価の視点、評価の基準に従って行われた。同専門部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成13年7月12日に審議された。審議の結果、研究評価委員会は、この評価結果を妥当と判断した。本報告書は、その評価結果である。

報告書

放射線利用研究専門部会評価結果報告書; 平成13年度事前評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2001-036, 64 Pages, 2001/11

JAERI-Review-2001-036.pdf:6.44MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」及び「研究所評価委員会及び研究評価委員会規程」に基づき、放射線利用研究専門部会を設置し、高崎研究所の材料開発部、イオンビーム生物応用研究部、放射線高度利用センターが実施する研究開発課題について、平成14年度からの5年間の計画の事前評価を実施した。同専門部会は、10名の外部専門家で構成された。放射線利用研究専門部会は、平成13年5月から平成13年7月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会(平成13年6月25日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目、評価の視点、評価の基準に従って行われた。同専門部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成13年7月12日に審議された。審議の結果、研究評価委員会は、この評価結果を妥当と判断した。本報告書は、その評価結果である。

報告書

光科学研究専門部会評価結果報告書; 平成13年度事前評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2001-035, 53 Pages, 2001/11

JAERI-Review-2001-035.pdf:5.94MB

研究評価委員会(委員長:西澤潤一・岩手県立大学長)は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」(平成10年4月策定)及び「研究所評価委員会及び研究評価委員会規程」(平成10年4月策定,平成11年4月改正)に基づき、関西研究所の光量子科学研究センター及び放射光科学研究センターの研究開発課題について、平成14年度からの5年間の計画の事前評価を実施するために、「光科学研究専門部会」を平成13年5月22日に設置した。光科学研究専門部会は、10名の外部専門家で構成され(部会長:菊田惺志・(財)高輝度光科学研究センター理事)、平成13年6月21日に開催された。同専門部会による評価は、研究評価委員会によって定められた事前評価の方法に従って行われた。同専門部会は評価結果を取りまとめ、平成13年7月12日に「光科学研究専門部会評価結果報告書」を研究評価委員会委員長に提出した。研究評価委員会は、平成13年7月12日に第7回研究評価委員会を開催し、同専門部会部会長から光科学研究専門部会評価結果報告書の説明を受け、審議を行った。その結果、研究評価委員会は、同専門部会の評価結果が妥当なものと判断し、研究評価委員会委員長は、同報告書を平成13年7月31日付けにて日本原子力研究所理事長に答申した。

報告書

情報技術専門部会評価結果報告書; 平成12年度事前評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2001-026, 37 Pages, 2001/06

JAERI-Review-2001-026.pdf:6.15MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」等に基づき、情報技術専門部会(外部専門家8名で構成)を設置し、計算科学技術推進センター及び環境科学研究部が実施する「ITBL (IT-Based Laboratory)の構築及び活用」にかかわる研究開発課題について、平成13年度からの5年間の計画の事前評価を実施した。同部会は、平成13年2月から平成13年3月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会(平成13年2月9日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目,評価の基準等に従って行われた。同部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成13年3月16日に審議され、妥当と判断された。本報告書は、この情報技術専門部会による評価結果である。

報告書

計算科学技術専門部会評価結果報告書; 平成12年度事後評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2001-025, 17 Pages, 2001/06

JAERI-Review-2001-025.pdf:1.62MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」等に基づき、計算科学技術専門部会(外部専門家7名で構成)を設置し、計算科学技術推進センターの平成7年度からの5年間の研究開発実績について、事後評価を実施した。同部会は、平成12年12月から平成13年3月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会(平成12年12月27日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目,評価の基準等に従って行われた。同部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成13年3月16日に審議され、妥当と判断された。本報告書は、この計算科学技術専門部会による評価結果である。

報告書

安全性研究専門部会評価結果報告書; 平成12年度事後評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2001-024, 35 Pages, 2001/06

JAERI-Review-2001-024.pdf:2.53MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」等に基づき、安全性研究専門部会(外部専門家11名で構成)を設置し、東海研究所原子炉安全工学部,燃料サイクル安全工学部,環境安全研究部及び安全試験部の平成7年度からの5年間の研究開発実績について、事後評価を実施した。同部会は、平成12年12月から平成13年2月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会(平成12年12月11日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目,評価の基準等に従って行われた。同部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成13年3月16日に審議され、妥当と判断された。本報告書は、この安全性研究専門部会による評価結果である。

報告書

高温工学研究専門部会評価結果報告書; 平成12年度事後評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2001-023, 21 Pages, 2001/06

JAERI-Review-2001-023.pdf:2.07MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」等に基づき、高温工学専門部会(外部専門家9名で構成)を設置し、大洗研究所高温工学試験研究炉開発部及び核熱利用研究部の平成7年度からの5年間の研究開発実績について、事後評価を実施した。同部会は、平成12年12月から平成13年2月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会(平成12年12月8日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目,評価の基準等に従って行われた。同部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成13年3月16日に審議され、妥当と判断された。本報告書は、この高温工学専門部会による評価結果である。

報告書

保健物理研究専門部会評価結果報告書; 平成12年度事後評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2001-022, 10 Pages, 2001/06

JAERI-Review-2001-022.pdf:1.01MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」等に基づき、保健物理専門部会(外部専門家6名で構成)を設置し、東海研究所保健物理部及び支分事業所関連部署の平成7年度からの5年間の研究開発実績について、事後評価を実施した。同部会は、平成12年10月から平成13年1月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会(平成12年10月10日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目,評価の基準等に従って行われた。同部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成13年3月16日に審議され、妥当と判断された。本報告書は、この保健物理専門部会による評価結果である。

報告書

エネルギーシステム研究専門部会評価結果報告書; 平成12年度事前評価

研究評価委員会

JAERI-Review 2001-021, 46 Pages, 2001/06

JAERI-Review-2001-021.pdf:7.98MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」等に基づき、エネルギーシステム研究専門部会(外部専門家7名で構成)を設置し、東海研究所エネルギーシステム研究部が実施する研究開発課題について、平成13年度からの5年間の計画の事前評価を実施した。同部会は、平成12年9月から平成13年2月にかけて、当該部門の研究評価活動を実施した。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会(平成12年9月20日開催)における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目,評価の基準等に従って行われた。同部会が取りまとめた評価結果報告書は、研究評価委員会に提出され平成13年3月16日に審議され、妥当と判断された。本報告書は、このエネルギーシステム研究専門部会による評価結果である。

報告書

先端基礎研究専門部会評価結果報告書; 平成12年度

研究評価委員会

JAERI-Review 2000-023, 37 Pages, 2000/10

JAERI-Review-2000-023.pdf:3.6MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」等に基づき、先端基礎研究専門部会を設置し、研究開発課題について、平成11年度に終了した研究テーマの事後評価、平成13年度に終了予定の研究テーマの中間評価及び平成13年度に開始する研究課題の事前評価を実施した。先端基礎研究専門部会は平成12年7月17日に開催された。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目、評価の視点、評価の基準に従って行われた。同専門部会が取りまとめた評価結果は、研究評価委員会で審議され、妥当と判断された。本報告書はその評価結果である。

報告書

核融合研究開発専門部会評価結果報告書

研究評価委員会

JAERI-Review 2000-022, 53 Pages, 2000/10

JAERI-Review-2000-022.pdf:4.69MB

研究評価委員会は、「日本原子力研究所における研究開発評価の基本指針」等に基づき、核融合研究開発専門部会を設置し、核融合研究開発分野全体について、平成10年度に終了した研究課題の事後評価、平成11年度から開始した研究課題の中間評価及び平成13年度に開始する研究課題の事前評価を実施した。本専門部会は平成12年3月9日に開催された。評価は、事前に提出された評価用資料及び専門部会における被評価者の説明に基づき、研究評価委員会によって定められた評価項目、評価の視点、評価の基準に従って行われた。同専門部会が取りまとめた評価結果は、研究評価委員会で審議され、妥当と判断された。本報告書はその評価結果である。

29 件中 1件目~20件目を表示