検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 16 件中 1件目~16件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

光ファイバーセンサー式岩盤内変位計の開発

柏井 善夫*

JNC-TJ5410 2004-012, 28 Pages, 2005/02

JNC-TJ5410-2004-012.pdf:11.16MB

本報告書は、幌延深地層研究計画の第2段階以降における調査・研究計画(地下施設関連)に伴い、立坑部と水平坑道部の周辺岩盤の変形挙動計測を有効に行うための多段式の光ファイバーセンサー式岩盤内変位計を開発することを目的とした研究成果に関するものである。この業務では、従来型の電気式岩盤変位計では困難であった$$phi$$66mmボーリング孔における10段あるいはそれを上回る連装が可能な岩盤内変位計の開発の第1段階として、光ファイバーセンサー技術を応用した多段式岩盤内変位計に関する基本的な検討と、実現可能性を検証するための部分的試作と作動試験を実施した。基本検討の結果、FBG(Fiber Bragg Grating)方式を採用し、浅部用と深部用の2種類の基本構造と2種類のセンサー固定方法について基本設計を行い、3組を部分試作して検証実験を行い、実現可能性があることを確認した。

報告書

多区間水質連続モニタリング装置の設計

平田 洋一*; 小川 賢*

JNC-TJ7440 2005-076, 28 Pages, 2004/03

JNC-TJ7440-2005-076.PDF:0.57MB

地下水の地球化学特性の変化を観察するために各深度の予備坑道から掘削された水平ボーリング孔に設置可能な地下水採水装置および物理化学パラメータ連続測定装置の設計を行なった。

報告書

光ファイバーを用いた地下水圧観測システムの適用性確認試験

平田 洋一*; 大丸 修二*

JNC-TJ7410 2005-008, 28 Pages, 2004/03

JNC-TJ7410-2005-008.PDF:0.91MB

本件では光ファイバーを用いた水圧計の,現状とは異なる環境下での適用性を確認するとともに,設置環境の整備ならびにデータ回収作業の効率化のための作業を実施した。

報告書

1,000m対応水理試験機の改良

平田 洋一*; 小川 賢*

JNC-TJ7400 2005-041, 115 Pages, 2003/03

JNC-TJ7400-2005-041.PDF:4.84MB

本業務は、サイクル機構が所有する1,000m対応水理試験装置(高温環境型)を適応深度1,500mまで拡大するとともにデータの品質確保や試験の効率性向上等を目的とし改良を実施したものである。主な改良点は次のとおり。(1)適応深度を1,000mから1,500mまで拡大、(2)測定範囲を考透水性側とするために主配管系の内径を拡大、(3)試験区間の前後区間における圧力、温度の連続測定機能の付加、(4)遮水性・耐久性・耐圧性に優れたスライド式パッカーの採用、(5)パッカーの個別拡張・収縮が可能な構造の採用、(6)安定流量制御および高揚程揚水が可能なポンプの採用、(7)試験と並行して試験結果を解析できる機能の付加

報告書

高差圧対応パッカーシステムの概念設計

平田 洋一*; 藤田 有二

JNC-TJ7400 2005-031, 146 Pages, 2003/02

超深地層研究計画第3段階における水理調査、地下水の地球科学調査における原位置試験は最大9.8MPaにおよび交差圧環境下で使用可能なパッカーシステムが必要となる。本件は、既存のパッカー単体および、パッカーシステムに関する情報収集と既存のパッカーシステムを高差圧環境に適用する場合の課題を抽出し、高差圧対応パッカーシステムの概念設計を実施するものである。

報告書

釜石鉱山250mレベル坑道におけるゆるみ領域の透水試験(平成7年度)

松岡 永憲*

JNC-TJ7440 2005-057, 37 Pages, 1995/12

JNC-TJ7440-2005-057.PDF:4.27MB

水理学的ゆるみ領域計測装置を用いた透水試験をKDK-1、2、3孔において実施した。

報告書

間隙水圧観測用パッカーシステムの製作設置 (平成6年度)

平田 洋一*

JNC-TJ7410 2005-001, 47 Pages, 1995/03

JNC-TJ7410-2005-001.PDF:16.05MB

深部岩盤中に掘削された坑道周辺の間隙水圧を精度良く効率的に測定できる装置を製作した。

報告書

HN-1号孔における流向流速検層; JFT試験・間隙水圧試験

日高 和裕*

JNC-TJ7430 2005-004, 69 Pages, 1989/06

JNC-TJ7430-2005-004.PDF:9.87MB

東濃鉱山周辺の水理機構を把握するために、HN-1号孔において地下水流向流速検層、PNC式JFT法による透水試験、間隙水圧試験を実施し結果を取りまとめた。

報告書

AN-1号孔及びAN-3号孔における流向・流速検層

後藤 和幸*

JNC-TJ7420 2005-130, 41 Pages, 1989/03

JNC-TJ7420-2005-130.PDF:11.56MB

本報告書は,AN-1号孔及びAN-3号孔において,地下水の流向・流速検層を実施した結果について取りまとめたものである。

報告書

AN-1号孔及びAN-3号孔における動燃式JFT試験・間隙水圧測定(追加調査)

平田 洋一*

JNC-TJ7420 2005-127, 45 Pages, 1989/03

JNC-TJ7420-2005-127.PDF:3.75MB

本報告書はAN-1,AN-3号孔において,間隙水圧及び透水係数の測定を行なった調査結果について,取りまとめたものである。

報告書

AN-1号孔地下水流速・流向測定報告書

大成基礎設計*

JNC-TJ7420 2005-123, 25 Pages, 1989/03

JNC-TJ7420-2005-123.PDF:4.54MB

AN-1号孔における地下水流速・流向測定を実施し結果を取りまとめた。

報告書

PNC-200型JFT試験装置の改良

大成基礎設計*

JNC-TJ7400 2005-035, 117 Pages, 1989/03

JNC-TJ7400-2005-035.PDF:3.4MB

本報告書は、動燃事業団が製作した低水圧制御水理試験機(PNC式JFT試験装置)の改良および、改良に伴う機器の性能試験結果について取りまとめたものである。本業務における主な改良点は、取得データの精度向上とデジタル処理機能の付加、解析機能の付加および、装置の耐久性向上である。

報告書

AN-3号孔水理試験(動燃式JFT)

平田 洋一*

JNC-TJ7400 2005-054, 37 Pages, 1988/12

JNC-TJ7400-2005-054.PDF:3.79MB

本報告書は、AN-3号孔における水理調査の一環として実施した、深度300mまでの間隙水圧および、透水係数の測定の結果を取りまとめたものである。

報告書

AN-1号孔水理試験(動燃式JFT)

平田 洋一*

JNC-TJ7400 2005-037, 33 Pages, 1988/12

JNC-TJ7400-2005-037.PDF:3.69MB

本報告書は、AN-1号孔における水理調査の一環として、同孔深度300mまでで行った間隙水圧および、透水係数の測定の結果を取りまとめたものである。

報告書

SN-3号孔水理試験〔地下水の流向・流速検層、PNC式JFT試験、間隙水圧測定〕

鹿野 浩司*; 平田 洋一*

JNC-TJ7400 2005-020, 63 Pages, 1988/07

JNC-TJ7400-2005-020.pdf:11.3MB

岩盤の水理特性を把握するために、PNC式JFT法による透水試験、間隙水圧測定および地下水流速・流向検層の調査結果をとりまとめた。

報告書

AN-1号孔における動燃式JFT法による透水試験及び間隙水圧測定

大成基礎設計*

JNC-TJ7400 2005-036, 41 Pages, 1988/03

JNC-TJ7400-2005-036.PDF:6.48MB

本報告書は、AN-1号孔の13深度において実施した動燃式JFT法による透水試験および、間隙水圧測定の結果を取りまとめたものである。

16 件中 1件目~16件目を表示
  • 1