検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Decay studies of neutron-rich isotopes produced in proton-induced fission of actinides

アクチノイドの陽子誘起核分裂で生成する中性子過剰核の崩壊の研究

市川 進一; 浅井 雅人*; 塚田 和明 ; 西中 一朗; 永目 諭一郎 ; 長 明彦 ; 柴田 理尋*; 河出 清*; 小島 康明*; 阪間 稔*; 大浦 泰嗣*

Ichikawa, Shinichi; Asai, Masato*; Tsukada, Kazuaki; Nishinaka, Ichiro; Nagame, Yuichiro; Osa, Akihiko; Shibata, Michihiro*; Kawade, Kiyoshi*; Kojima, Yasuaki*; Sakama, Minoru*; Oura, Yasuji*

これまで見いだした6つの中性子過剰希土類核の核的性質について議論した。実験で求めた半減期と理論で予測された半減期との比較から、これら核種はより不安定であることが明らかとなった。決定した$$^{166}$$Tb, $$^{167}$$Tb, $$^{168}$$Tbの崩壊図式から娘核種の変形度にかかわる情報を取り出し、近傍の核種と比較した。その結果、偶-偶核では中性子数98の$$^{164}$$Dy、次いで中性子数102の$$^{163}$$Dyが、奇質量核では中性子数97の$$^{163}$$Dyが大きく変形していることがわかった。また、会議では最近見いだした二つの核種$$^{162}$$Sm, $$^{166}$$Gdについても報告した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.