検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

UPt$$_{3}$$における奇パリティ超伝導状態

Odd-parity superconductivity in UPt$$_{3}$$

藤 秀樹*; 北岡 良雄*; 朝山 邦輔*; 榊原 俊郎*; 天谷 健一*; 池田 昌隆*; 田山 孝*; 網塚 浩*; 木村 憲彰*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦*; 山本 悦嗣; 芳賀 芳範; 前沢 邦彦*; 町田 一成*

not registered; not registered; not registered; not registered; Tenya, Kenichi*; not registered; not registered; not registered; Kimura, Noriaki*; Settai, Rikio*; Onuki, Yoshichika*; not registered; Haga, Yoshinori; not registered; not registered

UPt$$_{3}$$は1984年の発見以来、10年以上注目を集め続けている。最大の特徴は磁場中で複数の超伝導相を有することであり、他の超伝導体には見られない特徴である。我々はUPt$$_{3}$$の単結晶を育成し、固相電解を施すことによって世界最高純度の試料を得ることに成功した。この単結晶を用いて核磁気共鳴(NMR)及び磁化による超伝導状態の研究を行った。その結果knight-shiftがBCS理論で予想されるものと異なった温度依存性を示すことが明らかとなった。このことは、Cooper対を形成する電子のスピンが平行であり、奇パリティ超伝導が実現していることを示す直接的な証拠である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.