検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Photoluminescent dinuclear lanthanide complexes with Tris(2-pyridyl)carbinol acting as a new tetradentate bridging ligand

新規な三脚状四座架橋配位子トリス(2-ピリジル)カルビノールとランタノイドの光ルミネッセンスをもつ二核錯体

渡邉 雅之  ; 南川 卓也*; 山田 鉄兵*; 木村 貴海 ; 並木 康祐*; 村田 昌樹*; 西原 寛*; 館盛 勝一

Watanabe, Masayuki; Nankawa, Takuya*; Yamada, Teppei*; Kimura, Takaumi; Namiki, Kosuke*; Murata, Masaki*; Nishihara, Hiroshi*; Tachimori, Shoichi

トリス(2-ピリジル)カルビノールとよばれる三脚状の配位子は、金属間距離が非常に短いランタノイド二核錯体を形成することを明らかにした。通常この配位子は三座配位子として働くが、本研究では頭頂部にある酸素ドナーをうまく架橋配位させることで、二核錯体を形成させることが可能となることを見いだした。合成されたEu(III)とTb(III)の錯体では、配位子から金属中心にエネルギー移動を起こすため、強い発光をしめすことが確認された。

A tripodal ligand, tris(2-pyridyl)carbinol affords a novel tetradentate coordination mode in homodinuclear lanthanide complexes, which exhibit remarkably short distance between the metal ions. Strong fluorescence of Eu(III) and Tb(III) complexes with the ligand demonstrate that the ligand has a suitable excited state for energy transfer from the ligand to Eu(III) and Tb(III) center.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:75.93

分野:Chemistry, Inorganic & Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.