検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Initial results of electron cycloton range of frequency (ECRF) operation and experiments in JT-60U

JT-60UにおけるECRF運転と実験の初期結果

池田 佳隆; 春日井 敦; 高橋 幸司; 梶原 健; 諫山 明彦; 井手 俊介; 寺門 正之; 篠崎 信一; 横倉 賢治; 安納 勝人; 下野 貢; 平内 慎一; 芳賀 浩一*; 梶山 英一*; 池田 幸治; 森山 伸一; 恒岡 まさき; 坂本 慶司; 濱松 清隆; 及川 聡洋; 鎌田 裕; 内藤 磨; 関 正美; 牛草 健吉; 今井 剛; 山本 巧; 藤井 常幸; JT-60チーム

Ikeda, Yoshitaka; Kasugai, Atsushi; Takahashi, Koji; Kajiwara, Ken; Isayama, Akihiko; Ide, Shunsuke; Terakado, Masayuki; Shinozaki, Shinichi; Yokokura, Kenji; Anno, Katsuto; Shimono, Mitsugu; Hiranai, Shinichi; Haga, Koichi*; Kajiyama, Eiichi*; Ikeda, Yukiharu; Moriyama, Shinichi; Tsuneoka, Masaki; Sakamoto, Keishi; Hamamatsu, Kiyotaka; Oikawa, Toshihiro; Kamada, Yutaka; Naito, Osamu; Seki, Masami; Ushigusa, Kenkichi; Imai, Tsuyoshi; Yamamoto, Takumi; Fujii, Tsuneyuki; JT-60 Team

JT-60Uの高周波加熱として、電子サイクロトロン(EC)波による局所加熱/電流駆動の初期運転及び実験結果を報告する。本システムは、固体電流スイッチと高安定加速電源を従来の高周波加熱装置に付加することによりEC波を発振させるものであり、現在まで発振出力1MW,2秒,プラズマ入射電力0.75MW,2秒に成功した。局所加熱においては、アンテナの準光学可動鏡により、プラズマ中心から端まで、約15cmの中で加熱位置を制御できることを確認するとともに、入射の偏波条件を最適化することで、0.75MW,0.3秒の入射で中心電子温度を4.4keV上昇することに成功した。さらにNBIによる高$$beta_{p}$$ HモードプラズマにEC波を入射し、中心電子温度を約10keVに維持することを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:8.14

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.