検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

R&D activities on accelerator-driven transmutation system in JAERI

原研における加速器駆動核変換システムに関する研究開発活動

大井川 宏之; 辻本 和文; 菊地 賢司; 倉田 有司; 佐々 敏信; 梅野 誠*; 斎藤 滋; 西原 健司; 水本 元治; 高野 秀機*; 大内 伸夫

Oigawa, Hiroyuki; Tsujimoto, Kazufumi; Kikuchi, Kenji; Kurata, Yuji; Sasa, Toshinobu; Umeno, Makoto*; Saito, Shigeru; Nishihara, Kenji; Mizumoto, Motoharu; Takano, Hideki*; Ouchi, Nobuo

原研では加速器駆動未臨界システム(ADS)を用いた核変換専用システムの研究開発を進めており、これまでに熱出力800MWの未臨界炉を提案してきた。ADSの成立性を検証することを目的に、原研ではシステムの概念設計を含めた多くの研究開発活動が進行中であるか計画中である。陽子加速器の分野では、超伝導LINACが開発されている。鉛ビスマス共晶合金(LBE)を用いた核破砕ターゲットに関しては、材料腐食,熱流動,ポロニウム挙動,材料照射損傷に関する研究が進捗中である。さらに、原研では、J-PARCプロジェクトの一環として、陽子ビームと核燃料を用いてADSの成立性を検証すること及びLBEを用いた核破砕ターゲットと関連する材料に関する技術を確立することを目的とした核変換実験施設の建設を計画している。

JAERI is conducting the study on the dedicated transmutation system using the accelerator driven subcritical system (ADS). A subcritical reactor with the thermal power of 800 MW has been proposed. Many research and development activities including the conceptual design study are under way and planned at JAERI to examine the feasibility of the ADS. In the field of the proton accelerator, a superconducting LINAC is being developed. In the field of the spallation target using lead-bismuth eutectic (LBE), material corrosion, thermal-hydraulics, polonium behavior, and irradiation effect on materials are being studied. Moreover, in the framework of the J-PARC project, JAERI plans to construct the Transmutation Experimental Facility (TEF) to study the feasibility of the ADS using a high-energy proton beam and nuclear fuel and to establish the technology for the LBE spallation target and relevant materials.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.