検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Quasi-two-dimensional Fermi surfaces in the flat antiferromagnetic Brillouin zone of NpRhGa$$_{5}$$ studied by dHvA experiments and energy band calculations

ドハースファンアルフェン効果測定及びエネルギーバンド計算によるNpRhGa$$_{5}$$系の扁平な反強磁性ブリリアンゾーンにおける擬2次元的なフェルミ面の研究

青木 大*; 山上 浩志*; 本間 佳哉*; 塩川 佳伸; 山本 悦嗣; 中村 彰夫; 芳賀 芳範; 摂待 力生*; 大貫 惇睦

Aoki, Dai*; Yamagami, Hiroshi*; Homma, Yoshiya*; Shiokawa, Yoshinobu; Yamamoto, Etsuji; Nakamura, Akio; Haga, Yoshinori; Settai, Rikio*; Onuki, Yoshichika

Ga自己フラックス法により純良なNpRhGa$$_{5}$$系単結晶を育成し、その低温反強磁性状態でのドハースファンアルフェン(dHvA)振動の観測を行った。その結果、主要なフェルミ面を構成する4種類のほぼ円筒状のフェルミ面を見いだした。これらの擬2次元的なフェルミ面は、本系の低温での扁平な反強磁性ブリリアンゾーンにおいて形成されるものであり、スピン及び軌道分極バンド計算の結果と良い一致を与える。サイクロトロン質量は8.1-11.7m$$_{0}$$程度であり、バンド質量の約4倍程度増強されていた。本結果は、5f遍歴電子バンドモデルがネプツニウム系磁性化合物に適用できることを示した初めての例である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:17.16

分野:Physics, Condensed Matter

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.