検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

FBRサイクル総合研修施設の研修結果報告(ナトリウム取扱研修及び保守研修)-平成13年度-

Training report of the FBR cycle training facility in 2001

渡辺 智夫 ; 小澤 一雅; 永井 文夫; 佐々木 和一; 沢田 誠

Watanabe, Tomoo; Ozawa, Kazumasa; not registered; not registered; not registered

国際技術センターでは、平成12年9月よりFBRサイクル総合研修施設の本格的運用を開始し、平成12年度においては、「もんじゅ」や「ふげん」などの従業員、さらには地元自治体の消防署員などを対象に、6種類のナトリウム取扱研修を計22回、保守研修については8種類の研修を計11回開催し、延べ305名が受講した。平成13年度は、平成12年度の研修実績を踏まえ、「もんじゅ」の運転再開に向けてナトリウム取扱技術と保守技術に関する研修の一層の充実と強化を目指して、研修項目の追加や研修内容の一部見直し等を行った。具体的には、ナトリウム取扱研修について「もんじゅ」事故を教訓として新たに「ナトリウム配管漏洩対応訓練」コースを新規に追加した他、「もんじゅ」運転員及び自衛消防隊員が年1回必須で受講する「ナトリウム消化訓練」の講義内容を一新し、かつ実習内容をより充実するなどマンネリ防止化と知識の拡充化に努めた。また、国際技術センター内に組織されている「教育研修検討委員会」(大洗の専門家を含む)において研修テキストの内容検討を受け、コメントに沿ってテキスト内容の一部見直しを実施した。平成13年度の研修実績は、7種類のナトリウム取扱研修を計25回、また保守研修は、7種類の研修コースを計11回開催し、受講者数はナトリウム取扱研修が157名、保守研修が63名、合わせて220名であった。この他、平成13年10月31日に発生した「常陽」の建物火災事故に係る水平展開として平成14年度から新たに「ナトリウム取扱技能認定コース」を導入することとなったが、これに対応して大洗側と連携を図りつつ、ナトリウムの自然発火機構の説明やナトリウム取扱実習などを盛り込んだ研修カリキュラムやテキスト、並びに技能試験問題作成などの準備を進めた。

The FBR Cycle Training Facility has been operating since Sep. 2000 for staff of FBR "Monju" and ATR "Fugen" and fireman of the local community, etc.. In 2000, 6 courses of the sodium handling training were held 22 times and a1so eight courses of the maintenance training were 11 times and total participants were 305. In order to grade up the trainings for providing restarting of "Monju", the corresponding training course on sodium piping leakage accident was added as newly sodium handling training course and partial contents of some courses were devised based on some comments by the training discussing committee organized in our center. In 2001, seven sodium handling training courses were carried out 25 times and eight maintenance courses were conducted 11 times and total participated number was 220, i.e. 157 trainees for sodium training courses and 63 trainees for maintenance training courses. Additionally, since a new licensed sodium training course for sodium handling workers included head of worker will be introduced from next year owing to the fire accident of maintenance building in the experimental fast reactor "JOYO" occurred Oct. in 2001, which was coursed by sodium spontaneous combustion due to inefficient handling on tidy up of the sodium handling working, training curriculum, training text and questions for examination are provided as for preparing its course cooperated with Oarai Engineering Center.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.