検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力機構-東海タンデム加速器施設の現状

Present status of JAEA-Tokai tandem accelerator

松田 誠; 竹内 末広; 月橋 芳廣; 花島 進; 阿部 信市; 長 明彦; 石崎 暢洋; 田山 豪一; 仲野谷 孝充; 株本 裕史; 中村 暢彦; 沓掛 健一; 大内 勲; 堀江 活三; 市川 進一; 佐藤 哲也; 橋本 尚志; 光岡 真一; 宮武 宇也; Sunchan, J.*; 今井 伸明*; 石山 博恒*; 渡辺 裕*; 新井 重昭*; 岡田 雅之*; 小柳津 充広*; 田中 雅彦*; 平山 賀一*; 渕 好秀*

Matsuda, Makoto; Takeuchi, Suehiro; Tsukihashi, Yoshihiro; Hanashima, Susumu; Abe, Shinichi; Osa, Akihiko; Ishizaki, Nobuhiro; Tayama, Hidekazu; Nakanoya, Takamitsu; Kabumoto, Hiroshi; Nakamura, Masahiko; Kutsukake, Kenichi; Ouchi, Isao; Horie, Katsuzo; Ichikawa, Shinichi; Sato, Tetsuya; Hashimoto, Takashi; Mitsuoka, Shinichi; Miyatake, Hiroari; Sunchan, J.*; Imai, Nobuaki*; Ishiyama, Hironobu*; Watanabe, Yutaka*; Arai, Shigeaki*; Okada, Masayuki*; Oyaizu, Mitsuhiro*; Tanaka, Masahiko*; Hirayama, Yoshikazu*; Fuchi, Yoshihide*

2005年度のタンデム加速器の運転日数は182日であった。加速管の更新により最高端子電圧は19.1MVに達し18MVでの実験利用が開始された。利用イオン種は21元素(28核種)であり、$$^{18}$$Oの利用が全体の約2割で、おもに核化学実験に利用された。p, $$^{7}$$Li, $$^{136}$$Xeの利用はそれぞれ約1割を占め、p, $$^{7}$$LiはおもにTRIACの一次ビームに利用された。超伝導ブースターの運転日数は34日で、昨年度から始まったTRIACの実験利用は12日であった。開発事項としては、タンデム加速器では加速管を更新し最高電圧が19MVに達した。また高電圧端子内イオン源の14.5GHzECRイオン源への更新計画が進行している。超伝導ブースターは1994年以来高エネルギービームの加速に利用されてきたが、近年になりインジウムガスケットに起因する真空リークが発生している。空洞のQ値も下がってきており、対策として空洞に高圧超純水洗浄を施し性能を復活させる試験を進めている。KEKと共同で進めてきたTRIACは2005年3月に完成し、10月から利用が開始された。TRIACからのビームを超伝導ブースターにて5$$sim$$8MeV/uのエネルギーまで加速する計画を進めており、TRIACからの1.1MeV/uのビームを効率よく加速するため、low$$beta$$空洞の開発を行っている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.