検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高選択・制御性沈殿剤による高度化沈殿法再処理システムの開発

Development of advanced reprocessing system using high selective and controllable precipitants

野田 恭子*; 鷹尾 康一朗*; 杉山 雄一*; 原田 雅幸*; 野上 雅伸*; 丸山 幸一*; 高橋 宏明*; Kim, S.-Y.; 佐藤 真人; 峯尾 英章 ; 森田 泰治 ; 近沢 孝弘*; 川田 善尚; 菊池 俊明*; 田巻 喜久*; 西村 建二*; 池田 泰久*

Noda, Kyoko*; Takao, Koichiro*; Sugiyama, Yuichi*; Harada, Masayuki*; Nogami, Masanobu*; Maruyama, Koichi*; Takahashi, Hiroaki*; Kim, S.-Y.; Sato, Makoto; Mineo, Hideaki; Morita, Yasuji; Chikazawa, Takahiro*; Kawata, Yoshihisa; Kikuchi, Toshiaki*; Tamaki, Yoshihisa*; Nishimura, Kenji*; Ikeda, Yasuhisa*

ピロリドン誘導体を用いた沈殿法による高速炉燃料の高度化再処理システムを開発している。これまでの試験で、U(VI)を硝酸溶液から沈殿させるN-シクロヘキシルピロリドン(NCP)を用い、選択的U沈殿工程及びU-Pu共沈工程の2工程からなるプロセスを開発した。さらに、現在はプロセスをより選択的に、より経済的にするため、他のピロリドン誘導体によるU及びPuの沈殿挙動について研究している。本報告では、本研究開発の概要とこれまでの主要な成果を紹介する。本研究開発では、新規沈殿剤を用いることによるシステムの分離性・安全性・経済性向上を目指しており、これまでに低配位性・低疎水性新規沈殿剤であるN-ブチルピロリドン(NBP)あるいはN-プロピルピロリドン(NProP)を用いることで選択的U沈殿工程の効率化が可能であることを明らかにした。

We have been developing an advanced reprocessing system for spent FBR fuels based on precipitation method using pyrrolidone derivatives. In previous investigation, N-cyclohexyl-2-pyrrolidone (NCP) is used as a precipitant, which is able to precipitate selectively UO$$_{2}$$$$^{2+}$$ ions in HNO$$_{3}$$ solution, and a process consisting of two separation steps; selective U precipitation step and U-Pu co-precipitation step, was developed. In order to make the process more effective and more economical, we are now studying precipitation of U and Pu with other pyrrolidone derivatives. The outline of the study and main results obtained until now are shown in this presentation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.