検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

レーザーブレークダウン発光分光法によるウランスペクトルの測定(受託研究)

Measurement of uranium spectrum using laser induced breakdown spectroscopy (Contract research)

赤岡 克昭 ; 丸山 庸一郎; 大場 正規 ; 宮部 昌文  ; 音部 治幹 ; 若井田 育夫 

Akaoka, Katsuaki; Maruyama, Yoichiro; Oba, Masaki; Miyabe, Masabumi; Otobe, Haruyoshi; Wakaida, Ikuo

核燃料物質中に含まれる不純物の分析にレーザーブレークダウン発光分析法を適用するために、母材であり、複雑で密度の高い発光スペクトルを示す天然ウランのブレークダウンスペクトルを測定し、250nm$$sim$$750nmのスペクトルの全容を明らかにした。測定したスペクトルの中から、ブレークダウン分光分析に利用可能と考えられる代表的な単独スペクトルとして、原子スペクトル165本,一価のイオンスペクトル381本を抽出し、スペクトル強度と波長の較正を行った。さらに、これらのスペクトルの同定を行い、エネルギー準位,振動子強度,遷移確率等を明らかにし、ウランのスペクトル中に混在して現れる不純物のスペクトルを分別評価するために不可欠な基礎データとしてまとめた。

For applying Laser Induced Breakdown Spectroscopy (LIBS) to the analysis of nuclear fuel materials, it is very important to identify the emission spectrum and its intensity on impurities intermingled within complex emission spectra of matrix elements such as uranium (U) and plutonium (Pu). Then, the spectra of natural uranium are measured using LIBS, 165 atomic spectra and 381 single ion spectra were identified.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.