検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

OH radical in water studied by quantum beats on positron annihilation; The Effect of water liquid structures

陽電子消滅量子ビート測定によるOHラジカルの研究; 水液体構造の効果

Lee, J.; 岡 壽崇; 平出 哲也

Lee, J.; Oka, Toshitaka; Hirade, Tetsuya

オルソーポジトロニウムとヒドロキシルラジカルの反応において、陽電子消滅寿命運動量相関測定(AMOC)によって量子ビートの温度依存性を観測した。18$$^{circ}$$C, 25$$^{circ}$$C, 32$$^{circ}$$Cで測定した結果、高温ほど量子ビートの間隔が広がり、超微細結合定数が小さくなることがわかった。これは高温ほど、水素結合による液体構造が弱くなっていることを示している。また、それぞれの温度で2つのビートが検出され、水構造の2状態モデルを支持しているが、氷に近い構造は低温ほど多く存在しており、また、高温では、構造が形成されていない状態と考えられるビートが新たに現れることを明らかにした。

The temperature dependence of quantum beats giving the hyperfine coupling constant of hydroxyl radical observed by positron annihilation Age-Momentum correlation measurement for ortho-Ps and hydroxyl radical. According to the measurements at 18$$^{circ}$$C, 25$$^{circ}$$C and 32$$^{circ}$$C, the hyperfine coupling constants were smaller at higher temperatures. Moreover, the slow and continuous change of water liquid structures were observed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:40.37

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.