検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Halo structure of the island of inversion nucleus $$^{31}$$Ne

「逆転の島」原子核$$^{31}$$Neのハロー構造

中村 隆司*; 小林 信之*; 近藤 洋介*; 佐藤 義輝*; 青井 考*; 馬場 秀忠*; 出口 茂樹*; 福田 直樹*; Gibelin, J.*; 稲辺 尚人*; 石原 正泰*; 亀田 大輔*; 河田 鷹介*; 久保 敏幸*; 日下 健祐*; Mengoni, A.*; 本林 透*; 大西 哲哉*; 大竹 政雄*; Orr, N. A.*; 大津 秀暁*; 大塚 孝治*; 齋藤 明登*; 櫻井 博儀*; 下浦 享*; 炭竃 聡之*; 竹田 浩之*; 竹下 英里*; 武智 麻耶*; 武内 聡*; 田中 鐘信*; 田中 佳奈*; 田中 直樹*; 栂野 泰宏*; 宇都野 穣; 米田 健一郎*; 吉田 敦*; 吉田 光一*

Nakamura, Takashi*; Kobayashi, Nobuyuki*; Kondo, Yosuke*; Sato, Yoshiteru*; Aoi, Nori*; Baba, Hidetada*; Deguchi, Shigeki*; Fukuda, Naoki*; Gibelin, J.*; Inabe, Naoto*; Ishihara, Masayasu*; Kameda, Daisuke*; Kawada, Yosuke*; Kubo, Toshiyuki*; Kusaka, Kensuke*; Mengoni, A.*; Motobayashi, Toru*; Onishi, Tetsuya*; Otake, Masao*; Orr, N. A.*; Otsu, Hideaki*; Otsuka, Takaharu*; Saito, Akito*; Sakurai, Hiroyoshi*; Shimoura, Susumu*; Sumikama, Toshiyuki*; Takeda, Hiroyuki*; Takeshita, Eri*; Takechi, Maya*; Takeuchi, Satoshi*; Tanaka, Kanenobu*; Tanaka, Kana*; Tanaka, Naoki*; Togano, Yasuhiro*; Utsuno, Yutaka; Yoneda, Kenichiro*; Yoshida, Atsushi*; Yoshida, Koichi*

理化学研究所のRIBFにて中性子過剰核$$^{31}$$Neの1中性子分離反応の断面積を測定した。鉛ターゲットと炭素ターゲットの断面積を比較することにより、$$^{31}$$Neのクーロン分解反応断面積が540(70)mbと導出された。その断面積は通常の原子核の断面積と比べ非常に大きく、中性子が非常に弱く束縛されているハロー構造を示唆している。この原子核のクーロン分解断面積を直接ブレークアップ模型と殻模型で求めた波動関数の重なり(分光学的因子)を組合せることにより定量的に計算した結果、$$^{31}$$Ne核の最後の1個の中性子は、普通の軌道の順序である$$f_{7/2}$$ではなく$$p_{3/2}$$軌道を主に占め、$$p$$軌道の小さな軌道角運動量により一粒子ハローを形成していることが明らかとなった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:2.51

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.