検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

青銅における銅と錫へのミュオン捕獲比とミュオンによる混合比分析

Investigation of muon atomic capture ratio between cupper and tin in bronze

二宮 和彦; 長友 傑*; 久保 謙哉*; 喜多 真琴*; 篠原 厚*; 伊藤 孝; Strasser, P.*; 河村 成肇*; 下村 浩一郎*; 三宅 康博*; 齋藤 努*; 髭本 亘

Ninomiya, Kazuhiko; Nagatomo, Takashi*; Kubo, Kenya*; Kita, Makoto*; Shinohara, Atsushi*; Ito, Takashi; Strasser, P.*; Kawamura, Naritoshi*; Shimomura, Koichiro*; Miyake, Yasuhiro*; Saito, Tsutomu*; Higemoto, Wataru

ミュオン原子から放出されるミュオン特性エックス線のエネルギーは非常に高く、大きな物質の内部からも吸収されずに放出されるために、ミュオン原子を元素分析のプローブとして用いることが期待される。本研究では、J-PARCミュオン施設において組成の異なる青銅板へのミュオンの照射を行い、元素あたりのミュオンの捕獲率から青銅におけるミュオン捕獲比を決定した。また青銅貨幣(中国秦代)にミュオンの照射を行い、エックス線の強度から元素分析を行ったので報告する。

We determined muon capture probability for cupper, tin and lead atoms in bronze from muonic X-ray measurement. We also performed muon irradiation for old Chinese coin and determined contents of this sample.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.