検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原発から環境中に放出された放射性核種についての原子力機構による拡散解析の概要

Overview of dispersion analysis by JAEA for radionuclides discharged from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant into the environment

永井 晴康; 堅田 元喜; 寺田 宏明; 古野 朗子; 小林 卓也; 中山 浩成; 茅野 政道

Nagai, Haruyasu; Katata, Genki; Terada, Hiroaki; Furuno, Akiko; Kobayashi, Takuya; Nakayama, Hiromasa; Chino, Masamichi

福島第一原子力発電所事故に伴い環境中に放出された放射性核種について、周辺住民の被ばく線量や環境汚染状況を把握し中長期的な対策を検討するうえで、大気及び海洋における放射性核種の分布と移行過程を詳細に解析することが重要である。原子力機構では、原子力緊急時対応システムとして開発したSPEEDI, WSPEEDIを発展させ、放射性物質の大気・海洋・陸域での移行挙動を連続的かつ厳密に扱うことのできる新たな包括的動態予測システムSPEEDI-MPを開発中であるが、このシステムを適用して、事故により放出された放射性核種の環境中移行の詳細解析を進めている。これまでに、システムの一部である大気拡散予測システムWSPEEDI-II及び海洋拡散モデルSEA-GEARNを用いて、大気及び海洋拡散解析を実施した。本報告では、これらの解析についてのシリーズ発表のイントロダクションとして、解析全体の概要について紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.