検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Rehearsal and actual measurement of Fugen spent fuel assemblies by integrated PNAR and SINRD under the JAEA-USDOE collaboration program

JAEA/USDOE共同研究PAS24にてふげんで実施したPu-NDA装置(統合PNAR+SINRD)によるふげん使用済燃料の実測定及び事前に実施したリハーサルについて

林 健太; 中村 孝久; 高城 久承; 堀江 薫; 中山 保; 橋本 和彦; 林 省一; 中村 信二; 竹中 茂樹; 石塚 信男; 浜田 宣幸; 江原 里泰; Bolind, A.; 瀬谷 道夫

Hayashi, Kenta; Nakamura, Takahisa; Takagi, Hisatsugu; Horie, Kaoru; Nakayama, Tamotsu; Hashimoto, Kazuhiko; Hayashi, Shoichi; Nakamura, Shinji; Takenaka, Shigeki; Ishizuka, Nobuo; Hamada, Nobuyuki; Ebara, Noriyasu; Bolind, A.; Seya, Michio

新型転換炉ふげんは福井県敦賀市にある重水減速沸騰軽水冷却型原子炉の原型炉である。ふげんは2003年3月に運転を終了し、現在は廃止措置(解体)段階にあるが、その使用済燃料貯蔵プールにはMOX及びUO$$_{2}$$の使用済燃料が存在する。ふげんは原型炉であることから、使用済燃料貯蔵プールでの燃料取扱には柔軟性があり、使用済燃料にかかわる各種の測定試験を行うことができる。そのような特徴を活かして、JAEAとU.S.DOE(LANL)は、統合PNAR・SINRD装置によるPu量の非破壊測定試験を2013年6月末より実施する。本発表では、JAEA/USDOE共同研究PAS24において、ふげんで実施したPu-NDA装置(統合PNAR+SINRD)によるふげん使用済燃料の実測定及び、事前に実施したリハーサルの試験結果等について報告する。

JAEA and USDOE (Los Alamos National Laboratory (LANL)) have been collaborating on spent fuel measurements with a PNAR/SINRD NDA instrument at Fugen, in the course of the NGSI Spent Fuel Nondestructive Assay Project. In this collaboration, LANL's role has been to design and fabricate the detector (integrated PNAR and SINRD system), while JAEA's role has been to undertake the installation of the detector at the appropriate position in the spent fuel pool and to prepare for the actual measurements. In this paper we report the rehearsal of the measurement using a mock-up detector and a dummy fuel assembly in December 2012 and the plan of actual measurements in June 2013 (at the time of submission of this paper).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.