検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Electronic configuration of Mn ions in the $$pi$$-$$d$$ molecular ferromagnetic $$beta$$-Mn phthalocyanine studied by soft X-ray magnetic circular dichroism

軟X線磁気円二色性による強磁性$$beta$$-Mnフタロシアニン$$pi$$-$$d$$分子におけるMnイオンの電子配置の研究

片岡 隆史*; 坂本 勇太*; 山崎 陽*; Singh, V. R.*; 藤森 淳*; 竹田 幸治; 大河内 拓雄*; 藤森 伸一; 岡根 哲夫; 斎藤 祐児; 山上 浩志; 田中 新*

Kataoka, Takashi*; Sakamoto, Yuta*; Yamazaki, Yo*; Singh, V. R.*; Fujimori, Atsushi*; Takeda, Yukiharu; Okochi, Takuo*; Fujimori, Shinichi; Okane, Tetsuo; Saito, Yuji; Yamagami, Hiroshi; Tanaka, Arata*

$$beta$$-Mnフタロシアニン分子は温度8.6K以下で強磁性を示すことが知られている。しかしながら、強磁性を発現する原因について電子構造の立場からの解明がなされていなかった。そこで、元素選択的磁気プローブである軟X線磁気円二色性を用いて、Mnの電子状態を実験的に調べ、さらにその結果をクラスター計算による理論的結果と比較検討することで、Mnイオンの基底状態を決定することができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:37.98

分野:Physics, Condensed Matter

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.