検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Observation of a $$p$$-wave one-neutron halo configuration on $$^{37}$$Mg

$$^{37}$$Mgにおける$$p$$波1中性子ハロー配位の観測

小林 信之*; 中村 隆司*; 近藤 洋介*; Tostevin, J. A.*; 宇都野 穣; 青井 考*; 馬場 秀忠*; Barthelemy, R.*; Famiano, M. A.*; 福田 直樹*; 稲辺 尚人*; 石原 正泰*; Kanungo, R.*; Kim, S.*; 久保 敏幸*; Lee, G. S.*; Lee, H. S.*; 松下 昌史*; 本林 透*; 大西 哲哉*; Orr, N. A.*; 大津 秀暁*; 大塚 孝治*; 佐古 貴行*; 櫻井 博儀*; 佐藤 義輝*; 炭竃 聡之*; 竹田 浩之*; 武内 聡*; 田中 隆己*; 栂野 泰宏*; 米田 健一郎*

Kobayashi, Nobuyuki*; Nakamura, Takashi*; Kondo, Yosuke*; Tostevin, J. A.*; Utsuno, Yutaka; Aoi, Nori*; Baba, Hidetada*; Barthelemy, R.*; Famiano, M. A.*; Fukuda, Naoki*; Inabe, Naoto*; Ishihara, Masayasu*; Kanungo, R.*; Kim, S.*; Kubo, Toshiyuki*; Lee, G. S.*; Lee, H. S.*; Matsushita, Masafumi*; Motobayashi, Toru*; Onishi, Tetsuya*; Orr, N. A.*; Otsu, Hideaki*; Otsuka, Takaharu*; Sako, Takayuki*; Sakurai, Hiroyoshi*; Sato, Yoshiteru*; Sumikama, Toshiyuki*; Takeda, Hiroyuki*; Takeuchi, Satoshi*; Tanaka, Ryuki*; Togano, Yasuhiro*; Yoneda, Kenichiro*

軽い中性子過剰核では束縛線限界近くにハローと呼ばれる1あるいは2中性子が空間的に非常に広がった構造を持つことが知られているが、重くなってくると一般に軌道角運動量が大きくなり、変形も発達するためハローが存在するかどうかは不明だった。本論文では、非常に中性子過剰なマグネシウム同位体$$^{37}$$Mgの核力およびクーロン分解反応実験を理化学研究所RIBFにて行い、マグネシウム同位体でも$$p$$波と考えられるハローを持つことを初めて明らかにした。本実験では、炭素標的と鉛標的の断面積の差から、ハロー構造に敏感なクーロン力による分解反応の断面積を引き出すとともに、脱励起$$gamma$$線の測定によって、$$^{36}$$Mgの基底状態へ遷移する断面積も引き出した。実験値を大規模殻模型計算の結果と比較したところ、$$^{37}$$Mgの基底状態は$$^{36}$$Mgの基底状態に$$p$$波中性子が付いた波動関数が40%程度占め、その$$p$$波成分がハロー構造を生み出していることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:6.04

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.