検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ヒノキ植栽木への放射性セシウムの移行吸収; 植栽当年の結果

Absorption and translocation of radioactive cesium in Cypress planted trees

平井 敬三*; 小松 雅史*; 赤間 亮夫*; 野口 享太郎*; 長倉 淳子*; 大橋 伸太*; 齋藤 哲*; 川崎 達郎*; 矢崎 健一*; 池田 重人*; 梶本 卓也*; 高橋 正通*; 宮沢 一正*; 青柳 浩*; 伊藤 直*; 荒家 武*; 山口 康弘*; 田坂 隆治*; 滝沢 勝*; 平塚 長*; 青木 勇*; 桐生 康夫*; 石井 康雄; 新里 忠史

Hirai, Keizo*; Komatsu, Masafumi*; Akama, Akio*; Noguchi, Ryotaro*; Nagakura, Junko*; Ohashi, Shinta*; Saito, Tetsu*; Kawasaki, Tatsuro*; Yazaki, Kenichi*; Ikeda, Shigeto*; Kajimoto, Takuya*; Takahashi, Masamichi*; Miyazawa, Kazumasa*; Aoyagi, Hiroshi*; Ito, Nao*; Araya, Takeshi*; Yamaguchi, Yasuhiro*; Tasaka, Takaharu*; Takizawa, Masaru*; Hiratsuka, Osa*; Aoki, Isamu*; Kiryu, Yasuo*; Ishii, Yasuo; Niizato, Tadafumi

土壌から樹木への放射性セシウムの移行吸収とカリウム施肥による移行抑制効果の検討のため、福島県川内村のヒノキ新植地で長期モニタリング試験を開始した。福島第一原子力発電所事故当時はアカマツ・落葉広葉樹混交林で、第4次航空機モニタリング(2011年11月)による推定放射性物質沈着量は685kBq m$$^{-2}$$($$^{134}$$Cs+$$^{137}$$Cs)である。2014年5月に8つの50$$times$$50mプロットを設け、ヒノキ植栽後の8月にKとして100kg ha$$^{-1}$$のKClを施肥し、11月に苗木を採取した。8月の平均空間線量率($$mu$$Sv h$$^{-1}$$)は10cm高で1.18、1m高で0.94であった。土壌の平均$$^{137}$$Cs濃度(kBq kg$$^{-1}$$)はリターで50.0、10-20cm深で0.1と下層へと低下した。またリターから20cm深までの存在量のうち58%がリター中に存在していた。11月に採取したヒノキ針葉の移行係数(土壌0-5cmに対する針葉の$$^{137}$$Cs濃度[Bq Bq$$^{-1}$$])は処理間に有意差はなかったが、土壌の$$^{137}$$Cs濃度が8kBq kg$$^{-1}$$以下では施肥区で小さい傾向にあった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.