検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力機構における福島第一原子力発電所の廃止措置に向けた遠隔放射線測定技術の開発

R&Ds on remote radiation measurement technology in JAEA towards the decommissioning of FDNPP

佐藤 優樹 ; 冠城 雅晃 ; 寺阪 祐太  ; 三枝 純; 川端 邦明  ; 若井田 育夫 ; 鳥居 建男 

Sato, Yuki; Kaburagi, Masaaki; Terasaka, Yuta; Saegusa, Jun; Kawabata, Kuniaki; Wakaida, Ikuo; Torii, Tatsuo

廃炉国際共同研究センター遠隔技術ディビジョンでは、東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所の廃止措置に向けて、ガンマカメラと遠隔機器の融合による遠隔放射線測定技術の開発を進めている。これまでに遠隔技術ディビジョンでは、飛散した放射性物質を可視化するための装置として小型・軽量なコンプトンカメラを製作し、その動作試験を実施してきた。本会議では、コンプトンカメラの仕様と性能評価試験の結果を部分的に紹介し、加えて、今後予定しているコンプトンカメラを遠隔機器に搭載する計画についても発表する。

The development of radiation measurement methods in the high dose-rate environment is requested to accelerate implementation of decommissioning of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant (FDNPP). We are now developing the technology which can measure the distribution of the contamination level with radioactive substances inside the building of FDNPP. Light-weight portable gamma camera is to be developed, and is used for drones that can remotely measure the radiation distributions in the high radioactive fields where workers are not allowed to enter and remain there.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.