検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核共鳴蛍光散乱を用いた鉛206の双極子遷移強度の測定

Measurement of dipole transition strength of Pb-206 using nuclear resonance fluorescence

静間 俊行*; 岩本 信之 ; 牧永 あや乃*; Schwengner, R.*; Beyer, R.*; Bemmerer, D.*; Dietz, M.*; Junghans, A.*; Koegler, T.*; Ludwig, F.*; Reinicke, S.*; Schulz, S.*; Urlass, S.*; Wagner, A.*

Shizuma, Toshiyuki*; Iwamoto, Nobuyuki; Makinaga, Ayano*; Schwengner, R.*; Beyer, R.*; Bemmerer, D.*; Dietz, M.*; Junghans, A.*; Koegler, T.*; Ludwig, F.*; Reinicke, S.*; Schulz, S.*; Urlass, S.*; Wagner, A.*

鉛, ビスマス同位体は加速器駆動システム(ADS)においてターゲットとして使用されるため、システムの設計には、鉛、ビスマス同位体の中性子断面積データが必要である。鉛同位体のうち、不安定核Pb-205(半減期1.73$$times$$10$$^{7}$$年)は、安定核Pb-204の中性子捕獲によって生成され、中性子捕獲によりPb-206となるが、その中性子捕獲断面積はよく分かっていない。本研究では、中性子捕獲断面積の計算で重要となる$$gamma$$線強度関数に制限を与えるために、ドイツ・ドレスデン-ロッセンドルフ研究所(HZDR)の制動放射線施設においてPb-206の核共鳴蛍光散乱実験を実施し、エネルギースペクトルを測定した。その結果、励起エネルギーが3.7から8.2MeVの領域において、88本の共鳴準位を観測し、それぞれに対して散乱強度を得た。講演では、実験手法及び解析結果に加えて、得られた散乱強度から求めた$$gamma$$線吸収断面積やPb-205の中性子捕獲断面積の評価結果について報告する。

The scattered $$gamma$$-rays from nuclear resonance fluorescence of Pb-206 were measured, irradiating bremsstrahlung $$gamma$$-rays at the HZDR in Germany, in order to evaluate neutron capture cross section of unstable Pb-205. The absorption cross section of $$gamma$$-rays for Pb-206 was fixed with the scattering strengths derived from the measured data. In this talk the neutron capture cross section of Pb-205 evaluated will be reported, together with the measured results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.