検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High temperature chemical reaction of strontium vapor species with Stainless steel

ストロンチウム蒸気種とステンレス鋼の高温化学反応

Afiqa, B. M.; 中島 邦久; 三輪 周平; 逢坂 正彦; 大石 佑治*; 牟田 浩明*; 黒崎 健*

Afiqa, B. M.; Nakajima, Kunihisa; Miwa, Shuhei; Osaka, Masahiko; Oishi, Yuji*; Muta, Hiroaki*; Kurosaki, Ken*

福島第一原子力発電所の事故時に海水注入されたことによりストロンチウム(Sr)は揮発性の化合物を生成し、燃料からの放出が促進された可能性がある。これらの揮発性のSr蒸気種はステンレス鋼(SS)と高温で化学反応する可能性があることから、炉内のSr分布を評価する上で化学吸着挙動は重要である。そこで、海水注入により生成したと考えられるSrCl$$_{2}$$蒸気種のSS304への化学吸着挙動を明らかにするため、化学吸着再現実験を実施し、SS304表面に生成した化合物を分析した。この結果、安定なSr-Si-O化合物がSS304表面に形成していることが分かった。

The release of strontium (Sr) from a fuel would be enhanced by the formation of volatile SrCl$$_{2}$$ in case of seawater injection into the core of Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant. We investigated the chemisorption behavior of releasing SrCl$$_{2}$$ vapor onto type 304 stainless steel. It was observed that stable Sr-Si-O compounds were formed on the stainless steel surface.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.