検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東北日本弧前弧域における熱年代学的研究; アパタイトFT年代予報

Thermochronology on the fore-arc side of Northeast Japan Arc; A Preliminary report of apatite fission-track dating

梶田 侑弥*; 末岡 茂  ; 福田 将眞*  ; 長谷部 徳子*; 田村 明弘*; 森下 智晃*; 田上 高広*

Kajita, Yuya*; Sueoka, Shigeru; Fukuda, Shoma*; Hasebe, Noriko*; Tamura, Akihiro*; Morishita, Tomoaki*; Tagami, Takahiro*

東北日本弧は、太平洋プレートが北米プレートの下に沈み込むことで形成された島弧で、島弧に平行な大地形を持つ。本研究では、そのうち前弧側にあたる北上山地と阿武隈山地を対象として、熱年代学の手法を用いて隆起・削剥史や山地形成プロセスを検討する。北上山地と阿武隈山地は、第三紀以降は比較的地殻変動が静穏だったと考えられており、阿武隈山地では先行研究によって報告されたアパタイトフィッション・トラック年代も100Maから60Maの古い値を示す。本講演では、両山地を東西方向に横断する測線上で採取した花崗岩試料におけるアパタイトフィッション・トラック年代の速報値を報告予定である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.