検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核変換システム開発のための長寿命MA核種の高速中性子捕獲反応データの精度向上に関する研究,1; プロジェクトの全体計画

Study on accuracy improvement of fast-neutron capture reaction data of long-lived MA for development of nuclear transmutation systems, 1; Project overview

片渕 竜也*; 岩本 修 ; 堀 順一*; 岩本 信之 ; 木村 敦  ; 中村 詔司 ; 芝原 雄司*; 寺田 和司*; 高宮 幸一*; 福谷 哲*; Rovira, G.*; 松浦 翔太*

Katabuchi, Tatsuya*; Iwamoto, Osamu; Hori, Junichi*; Iwamoto, Nobuyuki; Kimura, Atsushi; Nakamura, Shoji; Shibahara, Yuji*; Terada, Kazushi*; Takamiya, Koichi*; Fukutani, Satoshi*; Rovira, G.*; Matsuura, Shota*

核変換システムを開発する上で長寿命MA核種の高速領域における高精度中性子捕獲断面積データが必要とされている。2017年より、東京工業大学, 原子力機構, 京都大学の共同プロジェクトとして、長寿命MAの高速中性子捕獲反応データの高精度化研究が始まった。今回、本プロジェクトの内容をシリーズ発表として報告する。本発表は、シリーズ発表の始めとしてプロジェクトの背景、狙い、全体計画について説明する。

Accurate neutron capture cross sections on long-lived MA at fast region are required for developments of nuclear transmutation system. A study to improve accuracy of the fast neutron capture cross sections has been started as a collaborative project among Tokyo Institute of Technology, Japan Atomic Energy Agency and Kyoto University since 2017. This talk reports about the background, the object and the total plan of the project as the first one of the series presentations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.