検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC MLFにおける高時間分解能中性子パルスを用いた$$^{244}$$Cm, $$^{246}$$Cmの中性子捕獲断面積の測定

Measurement of neutron capture cross sections of$$^{244}$$Cm and $$^{246}$$Cm using high time-resolution neutron pulses at J-PARC MLF

川瀬 頌一郎 ; 木村 敦  ; 原田 秀郎  ; 岩本 信之 ; 岩本 修 ; 中村 詔司 ; 瀬川 麻里子  ; 藤 暢輔  

Kawase, Shoichiro; Kimura, Atsushi; Harada, Hideo; Iwamoto, Nobuyuki; Iwamoto, Osamu; Nakamura, Shoji; Segawa, Mariko; Toh, Yosuke

高レベル放射性廃棄物の減容化や放射能毒性低減のため、マイナーアクチノイドについての高精度な核データが必要とされている。キュリウムは代表的なマイナーアクチノイド核種の一つであり、特にキュリウム244は使用済核燃料の処理で問題となる主要な中性子源・崩壊熱源とされている。今回、J-PARC MLFの中性子核反応測定装置ANNRIを使い、キュリウム244および246の中性子捕獲断面積の中性子飛行時間法による測定を1$$sim$$1000eVのエネルギー領域について行った。シングルバンチ構造の中性子パルスを用いることで、以前のJ-PARCにおける測定に比べ、高いエネルギー領域まで中性子捕獲断面積データを得ることができた。本発表では、実験の概要、即発ガンマ線解析、中性子捕獲断面積の測定データ、そして過去の測定データや既存の核データと今回の測定結果の比較について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.