検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Trial of rapid measurement for $$^{90}$$Sr in animal bone by ICP-MS

ICP-MSを用いた動物骨中$$^{90}$$Srの測定迅速化の試み

小荒井 一真 ; 松枝 誠; 柳澤 華代*; 藤原 健壮; 北村 哲浩

Koarai, Kazuma; Matsueda, Makoto; Yanagisawa, Kayo*; Fujiwara, Kenso; Kitamura, Akihiro

Sr-90とY-90は骨髄への被ばく影響が懸念され、福島第一原発事故後にモニタリングが必要な核種である。しかしながら、放射能測定法では複雑な化学分離や2週間の測定期間を要する。近年、ICP-MSを用いたSr-90の迅速測定法が開発され、土壌や水試料に適用されている。本発表では動物の骨を対象とし、ICP-MSの迅速測定法に適した化学分離法を開発し、実際の試料に適用した。動物の骨として、魚類骨の標準試料を測定試料として選定した。試料の前処理として、マイクロウェーブ分解装置によって硝酸に溶解させた。溶解後の試料はSrレジンを用いた化学分離法をICP-MSの測定システムに組み込み、一連の行程で分析を可能にした。この工程によって、Sr-90をICP-MSで測定する際の妨害元素となるCa, Ba, Y, Zr, Fe, Geを分離した。娘核種のY-90も測定を妨害するため、酸素リアクションによって除去した。0.1gの骨の標準試料を使用した場合、100Bq/gの試料であれば測定可能であることを確認した。

Strontium-90 and $$^{90}$$Y, its daughter nuclide, adverse effects on the bone marrow. Monitring of $$^{90}$$Sr have been required after the Fukushima-Daiichi Nuclear Power Plant. However, radioactivity measurement method requires a complicated separation and a time-consuming $$beta$$-ray measurement. ICP-MS system has been applied to $$^{90}$$Sr contamination survey of soil and water samples. We applied the ICP-MS system for the bones for the first time. In this study, reference bone was used as measurement samples. After sample preparation, $$^{90}$$Sr was determined using ICP-MS system with cascade separation steps based on on-line column separation and oxygen reaction. Strontium-90 in the bones was successfully separated from Ca, Ba, Y, Zr, Fe, and Ge, which interfered in ICP-MS measurement, in the separation steps. We found that the ICP-MS system could be applied to the rapid measurement of $$^{90}$$Sr in the bones.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.