検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

骨中$$^{90}$$SrのICP-MS分析に向けた固相抽出法の検討

Examination of solid phase extraction of $$^{90}$$Sr in bones for ICP-MS analysis

小荒井 一真 ; 松枝 誠; 柳澤 華代*; 藤原 健壮; 北村 哲浩

Koarai, Kazuma; Matsueda, Makoto; Yanagisawa, Kayo*; Fujiwara, Kenso; Kitamura, Akihiro

福島第一原子力発電所事故によって放出された核種の1つとして$$^{90}$$Srが挙げられる。放射能測定によらない新しい手法として、ICP-MSによって$$^{90}$$Srの定量が試みられている。これまでに、ICP-MSを含む測定システムを開発し、土壌や水試料を対象とし迅速に$$^{90}$$Srを測定可能であることが示された。これまでにICP-MSを用いて骨などの硬組織を測定した例はない。本研究ではICP-MSによる硬組織中$$^{90}$$Sr分析に固相抽出法を最適化させる。MW分解後の魚骨は蒸発乾固し、10mLの2.6M硝酸に溶解した。$$^{90}$$Srの固相抽出はフローインジェクション装置を用いて行った。魚骨分解後の2.6M硝酸溶液、各フラクションは100-10000倍に希釈し、ICP-MS(NEXION300X、Perkin Elmer)によって溶液内の元素濃度を定量した。測定の結果、Srの回収率を担保しながら測定の妨害元素を除去できた。以上のように、ICP-MSによる硬組織中$$^{90}$$Sr測定に適した固相抽出法を開発した。本手法はフローインジェクション装置内で行ったため、オンライン固相抽出/ICP-MSに適用できる。一連の行程での所用時間は数十分であり、迅速な硬組織中$$^{90}$$Srの測定が可能となる。

Strontium-90 ($$^{90}$$Sr) is one of an artificial radionuclide after the Fukushima-Daiichi Nuclear Power Plant accident. The ICP-MS system for $$^{90}$$Sr have been developed. The ICP-MS system could apply to measurement of $$^{90}$$Sr in soils and water. In this study, solid phase extraction method of $$^{90}$$Sr was optimized the ICP-MS system for bones. After MW digestion, fish bone was dissolved in 2.6 M nitric acid. Sr resin was used for solid phase extraction of $$^{90}$$Sr in a flow-injection system. Sr and interference elements were determined with ICP-MS. Chemical yield of Sr was over 90% in the solid phase extraction system. Interference elements were removed in the extraction. The extraction method could applied to the ICP-MS system for $$^{90}$$Sr. The method required only 30 minutes. The ICP-MS system would be rapid method for $$^{90}$$Sr measurement in bones.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.