検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

External dose estimation of Japanese macaque and Procyon lotor using electron spin resonance spectroscopy

ESRを用いたニホンザルおよびアライグマの外部被ばく線量推定

岡 壽崇; 高橋 温*; 小荒井 一真 ; 小野 拓実*; 田巻 廣明*; 木野 康志*; 関根 勉*; 清水 良央*; 千葉 美麗*; 鈴木 敏彦*; 相田 潤*; 小坂 健*; 佐々木 啓一*; 漆原 祐介*; 鈴木 正敏*; 藤嶋 洋平*; See Thing Goh, V.*; 有吉 健太郎*; 中田 章史*; 山城 秀昭*; 三浦 富智*; 福本 学*; 篠田 壽*

Oka, Toshitaka; Takahashi, Atsushi*; Koarai, Kazuma; Ono, Takumi*; Tamaki, Hiroaki*; Kino, Yasushi*; Sekine, Tsutomu*; Shimizu, Yoshinaka*; Chiba, Mirei*; Suzuki, Toshihiko*; Aida, Jun*; Osaka, Ken*; Sasaki, Keiichi*; Urushihara, Yusuke*; Suzuki, Masatoshi*; Fujishima, Yohei*; See Thing Goh, V.*; Ariyoshi, Kentaro*; Nakata, Akifumi*; Yamashiro, Hideaki*; Miura, Tomisato*; Fukumoto, Manabu*; Shinoda, Hisashi*

福島第一原子力発電所事故によって環境中に放出された放射性核種は、ヒトや動物に放射線影響を与えると考えられ、詳細な線量評価が求められている。我々はESR装置で歯の炭酸ラジカルを測定することでヒトや動物の外部被ばく線量を推定しようとしているが、従来のESR法の検出限界は146mGyとされており、検出限界の引き下げが必要であった。本研究では、新規エナメル質抽出方法を開発し、炭酸ラジカル強度と線量の関係(検量線)を詳細に作成したところ、検出限界を43mGyにまで引き下げることができた。この検量線を用いて、福島県で捕獲されたニホンザルの外部被ばく線量の推定を行った結果を報告するとともに、アライグマについての検量線の作成と外部被ばく線量の推定の取り組みも報告する。

Releases of the radioactive materials from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident result in an ionization exposure to people and animals, the precise dosimetry is required. To estimate the external dose due to the accident, we utilize electron spin resonance (ESR) spectroscopy which is a powerful tool for the dosimetry of external dose. The detection limit of this technique was 146 mGy, so that we have to improve the detection limit for the precise dosimetry. In this work, we developed a novel enamel-dentine separation technique and improved the detection limit down to 43 mGy, and estimated the external dose for Japanese macaque and Procyon lotor collected in Fukushima prefecture.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.