検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東北日本弧前弧域における熱年代学的研究; アパタイトFT年代予報

Thermochronology on the fore-arc side of Northeast Japan Arc; A Preliminary report of apatite fission-track dating

梶田 侑弥*; 福田 将眞*  ; 末岡 茂; 長谷部 徳子*; 田村 明弘*; 森下 知晃*; 田上 高広*

Kajita, Yuya*; Fukuda, Shoma*; Sueoka, Shigeru; Hasebe, Noriko*; Tamura, Akihiro*; Morishita, Tomoaki*; Tagami, Takahiro*

太平洋プレートと北米プレート間の沈み込み帯に形成された島弧である東北日本弧の前弧域(阿武隈山地・北上山地)を対象として、アパタイトフィッション・トラック法を用いて隆起・削剥史を検討した。試料は、各山地を横断する方向にそれぞれ6地点と5地点で採取した。阿武隈山地では2地点で年代値が得られ、46.1$$pm$$6.9Maと73.9$$pm$$26.7Maと、先行研究と調和的な結果となった。北上山地では、同じく2地点で年代が得られ、66.8$$pm$$10.4Maと65.8$$pm$$10.4Maとなった。この2つの年代は先行研究より有意に若いが、両者の研究地域間には早池峰構造帯東縁断層が分布しており、年代差との関係は今後の検討課題である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.