検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島県で捕獲したニホンザルの電子スピン共鳴法による外部被ばく線量推定

External exposure dose of Japanese macaque captured in Fukushima prefecture

岡 壽崇; 高橋 温*; 小荒井 一真 ; 光安 優典*; 木野 康志*; 関根 勉*; 清水 良央*; 千葉 美麗*; 鈴木 敏彦*; 小坂 健*; 佐々木 啓一*; 漆原 祐介*; 鈴木 正敏*; 篠田 壽*; 福本 学*

Oka, Toshitaka; Takahashi, Atsushi*; Koarai, Kazuma; Mitsuyasu, Yusuke*; Kino, Yasushi*; Sekine, Tsutomu*; Shimizu, Yoshinaka*; Chiba, Mirei*; Suzuki, Toshihiko*; Osaka, Ken*; Sasaki, Keiichi*; Urushihara, Yusuke*; Suzuki, Masatoshi*; Shinoda, Hisashi*; Fukumoto, Manabu*

福島第一原子力発電所事故によって環境中に放出された放射性物質は長期間にわたってヒトや動物・環境へ影響を与える。ヒトの被ばく線量にはホールボディーカウンタや行動調査などを利用しているが、精確な推定は困難である。そこで我々は、電子スピン共鳴(ESR)法を用いて精確な外部被ばく線量推定に取り組んでいる。2018年までの研究で、ESR線量評価法の検出限界が43mGyであることがわかった。それを利用して実際に福島県の高空間線量率地域で捕獲した野生ニホンザルの外部被ばく線量推定を行おうとしたところ、金属に由来すると考えられる成分のため、清浄なESRスペクトルを得ることができなかった。この成分を除去しないことには外部被ばく線量推定が不可能である。そこで、この金属由来の成分を歯から除去する化学処理方法を検討し、清浄なESRスペクトルの取得を試みたところ、外部被ばく線量の推定が行えるようになった。

Due to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, the exposure dose estimation for human is examined by the whole body counter or by the Fukushima Health Management Survey, however, the precise estimated dose cannot obtained by such methods. We applied electron spin resonance (ESR) dosimetry for the external dose estimation using tooth enamel of human/animal. As we reported last year, we improved the detection limit of ESR dosimetry down to 43 mGy. We used this improved ESR dosimetry system and attempted to estimate the external dose of wild Japanese macaque capture in Fukushima prefecture, however, the metal component which may obstruct the ESR measurement was observed, so that we cannot estimate the external dose. In this work, we investigated how to remove such metal components, obtain the clear ESR spectrum, and estimate the external dose.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.