検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

熱年代学を用いた北上山地の隆起・削剥史の推定

Estimation of the uplift/denudation history in Kitakami Mountains by thermochronology

梶田 侑弥*; 福田 将眞  ; 末岡 茂; 長谷部 徳子*; 田村 明弘*; 森下 知晃*; Kohn, B. P.*; 田上 高広*

Kajita, Yuya*; Fukuda, Shoma; Sueoka, Shigeru; Hasebe, Noriko*; Tamura, Akihiro*; Morishita, Tomoaki*; Kohn, B. P.*; Tagami, Takahiro*

東北日本弧前弧域に分布する北上山地を対象に、熱年代学的手法を用いて山地の熱史・削剥史を検討した。北上山地を東西に横断する方向にアパタイトのFT法および(U-Th-Sm)/He法を実施した結果、既報年代と併せると、FT年代では東側から西側にかけて系統的に若い年代の傾向を示すのに対し、(U-Th-Sm)/He法では西縁で最も古い年代が検出され、以東ではほぼ一様な年代を示した。今後はより詳細に北上山地の熱史の傾向を議論するため、火山フロントの位置がほぼ現在の位置にあったとされる、1千万年以降の年代が期待できる熱年代学的手法の適用を予定している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.