検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

アパタイトフィッション・トラック熱年代学に基づく北上山地の削剥史の推定

Estimation of denudation history of the Kitakami Mountains based on apatite fission-track thermochronology

梶田 侑弥*; 末岡 茂  ; 福田 将眞  ; 横山 立憲  ; 鏡味 沙耶  ; 長田 充弘 ; 田上 高広*

Kajita, Yuya*; Sueoka, Shigeru; Fukuda, Shoma; Yokoyama, Tatsunori; Kagami, Saya; Nagata, Mitsuhiro; Tagami, Takahiro*

前弧域は海溝の沈み込みの影響を強く反映する地域であるが、本研究では東北日本弧前弧域の北上山地を対象に、熱年代学の手法を用いて地質学的時間スケールの削剥史を推定した。北上山地の白亜紀花崗岩類において、156.8-70.3Maのアパタイトフィッション・トラック(AFT)年代と、117.3Ma及び122.7MaのジルコンU-Pb年代が得られた。既報データを併せた東西方向の傾向は西方若化を示し、浄土ヶ浜の火成活動による熱影響は認められず、広域的な隆起・削剥史を反映していると考えられる。一様な地温勾配を仮定すると、120-90Maは西側で削剥が速く、90Ma以降は東西で一様になったと推定されるが、これは白亜紀の火山岩類の分布から推定される削剥史とも整合的である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.