検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

北上山地における白亜紀以降の隆起・削剥史の熱年代学的検討

Uplift and denudation histories in Kitakami Mountains since the Cretaceous based on thermochronology

梶田 侑弥*; 末岡 茂  ; 福田 将眞  ; 横山 立憲  ; 鏡味 沙耶  ; 長田 充弘 ; Kohn, B. P.*; 田上 高広*

Kajita, Yuya*; Sueoka, Shigeru; Fukuda, Shoma; Yokoyama, Tatsunori; Kagami, Saya; Nagata, Mitsuhiro; Kohn, B. P.*; Tagami, Takahiro*

前弧域は海溝の沈み込みの影響を強く反映する地域であるが、本研究では東北日本弧前弧域の北上山地を対象に、熱年代学の手法を用いて地質学的時間スケールの削剥史を推定した。アパタイトフィッション・トラック(AFT)年代は156.8-70.3Maを示し、東に向かって古くなる傾向を示した。一方、アパタイト(U-Th)/He年代は76.3-33.6Maを示したが、もっとも西に地点を除くとほぼ一様な値を示した。北上山地では、約120Ma以降の累積では西側の方が削剥が進んでいるが、約40-30Ma以降はほぼ均一に削剥が進行してきたと考えられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.