検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Unique anion-exchange properties of 3,3'-diaminobenzidine resulting in high selectivity for rhodium(III) over palladium(II) and platinum(IV) in a concentrated hydrochloric acid solution

濃塩酸溶液中でパラジウム(II)および白金(IV)に対して高い選択性を示す3,3'-ジアミノベンジンのユニークなアニオン交換性

鈴木 智也*; 尾形 剛志*; 田中 幹也*; 小林 徹 ; 塩飽 秀啓   ; 矢板 毅; 成田 弘一*

Suzuki, Tomoya*; Ogata, Takeshi*; Tanaka, Mikiya*; Kobayashi, Toru; Shiwaku, Hideaki; Yaita, Tsuyoshi; Narita, Hirokazu*

白金族金属の精錬では、Pd(II)やPt(IV)を含む混合物からRh(III)を効果的に回収することは最も難しい課題の1つである。これら元素の塩化物を含む濃塩酸水溶液に3,3'-diaminobenzidine (DAB)を加えることにより、DABからなる固相にRh(III)を隔離し、Pd(II)とPt(IV)から効果的に分離することに成功した。そこで、Rh(III), H$$^{+}$$, Cl$$^{-}$$濃度の推定とX線吸収微細構造測定から、Rh(III)に対するDAB選択性の機構を明らかにした。濃塩酸水溶液中でのRh-DAB反応は2つのステップで起こることがわかった。(1)DABのアミノ基がプロトン化されたDAB三塩酸塩が沈殿し、(2)三塩酸塩と塩化物イオンがアニオン交換し、[RhCl$$_{6}$$]$$^{3-}$$が濃塩酸溶液中の主化学種であることがわかった。一方HCl濃度が5M未満ではDABによる配位錯体形成を介してPdとPtを回収することができるので、Rh(III)とPd(II)やPt(IV)を効果的に分離する要因であると思われる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:12.96

分野:Chemistry, Analytical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.