検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Present status of JAERI's project on the development of environmental sample analysis techniques

原研における環境試料分析技術開発計画の現状

臼田 重和; 安達 武雄; 渡部 和男; 間柄 正明; 半澤 有希子; 江坂 文孝; 宮本 ユタカ; 安田 健一郎; 軍司 秀穂; 鶴田 保博; 津田 申士; 郡司 勝文; 西村 秀夫; 成瀬 日出夫; 高野 清之丞*

Usuda, Shigekazu; Adachi, Takeo; Watanabe, Kazuo; Magara, Masaaki; Hanzawa, Yukiko; Esaka, Fumitaka; Miyamoto, Yutaka; Yasuda, Kenichiro; Gunji, Hideho; Tsuruta, Yasuhiro; Tsuda, Shinji; Gunji, Katsubumi; Nishimura, Hideo; Naruse, Hideo; Takano, Seinojo*

IAEAは、新保障措置制度における重要施策の一つとして、環境試料分析法の導入を決定した。これは、原子力関連施設の内部及び周辺の環境試料を採取し、その中に含まれる極微量のウランやプルトニウムの同位体比を求めることにより、未申告原子力活動を検知しようという新たな保障措置手法である。これに対応するため、原研ではクリーン化学実験施設「高度環境分析研究棟」を整備し、おもに保障措置環境試料中の極微量核物質の分析技術を開発する計画を進めている。本発表では、計画の概要と高度環境分析研究棟の整備及び分析技術の開発の現状、さらに他分野への利用方法について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.