検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Spectroscopic studies of mass-separated heavy nuclei

重核の同位体分離と核分光

浅井 雅人; 阪間 稔*; 塚田 和明 ; 市川 進一; 羽場 宏光; 西中 一朗; 永目 諭一郎 ; 後藤 真一*; 小島 康明*; 大浦 泰嗣*; 中原 弘道*; 柴田 理尋*; 河出 清*

Asai, Masato; Sakama, Minoru*; Tsukada, Kazuaki; Ichikawa, Shinichi; Haba, Hiromitsu; Nishinaka, Ichiro; Nagame, Yuichiro; Goto, Shinichi*; Kojima, Yasuaki*; Oura, Yasuji*; Nakahara, Hiromichi*; Shibata, Michihiro*; Kawade, Kiyoshi*

重核・超重核の核構造や安定性は、これまで高感度の$$alpha$$線測定によって調べられてきた。しかし$$gamma$$線核分光や$$alpha$$崩壊確率の非常に小さい核種を測定する場合、多数の核反応生成物から目的とする核種を分離する必要がある。本研究では、原研タンデム加速器に付設されたオンライン同位体分離装置を用いて短寿命のAm,Cm同位体を分離し、$$alpha$$及び$$gamma$$線核分光を行った。$$^{233,235}$$Amの原子核質量を決定し、予測値より100-200keV小さいことを明らかにした。またされらの$$alpha$$崩壊は主$$alpha$$遷移であることがわかった。$$^{236}$$AmのEC崩壊$$alpha$$線核分光により、$$^{236}$$Amの基底状態と核異性体準位の陽子中性子配位を決定し、娘核の励起準位の性質を明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.