検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

保障措置環境試料分析法の開発状況; パーティクル分析を中心に

Recent status of developments in analytical methods for safeguards environmental samples; Focused on particle analysis

江坂 文孝; 間柄 正明; 半澤 有希子; 桜井 聡; 田口 拓志; 高井 木の実; 榊原 孝明; 黒沢 節身; 高橋 正人; 安田 健一郎; 軍司 秀穂; 宮本 ユタカ; 齋藤 陽子; 伊奈川 潤; 鈴木 大輔; 郡司 勝文*; 渡部 和男; 臼田 重和; 安達 武雄

Esaka, Fumitaka; Magara, Masaaki; Hanzawa, Yukiko; Sakurai, Satoshi; Taguchi, Takuji; Takai, Konomi; Sakakibara, Takaaki; Kurosawa, Setsumi; Takahashi, Masato; Yasuda, Kenichiro; Gunji, Hideho; Miyamoto, Yutaka; Saito, Yoko; Inagawa, Jun; Suzuki, Daisuke; Gunji, Katsubumi*; Watanabe, Kazuo; Usuda, Shigekazu; Adachi, Takeo

IAEAの保障措置の強化・効率化策の一つとして導入された保障措置環境試料分析法-原子力関連施設の内外で採取した試料(現状では、主としてスワイプ試料)の分析により未申告施設や未申告活動を探知する-に対応するため、バルク及びパーティクル分析技術の開発を行っている。バルク分析では、試料を化学処理し、各試料の核物質の量及び平均値としての同位体比を求める。一方、パーティクル分析は、試料中に含まれる核物質の同位体比を微粒子一個一個について測定するため、重要な検証手段となりうる。パーティクル分析法の開発ではこれまでに、二次イオン質量分析法(SIMS)により粒径が数$$mu$$mの粒子中に含まれるウランの同位体比を測定することを可能とした。また、これらの極微量核物質の分析操作では、測定対象元素の自然界からの混入を防止することが必要であるため、クリーンルームを備えた化学実験施設(高度環境分析研究棟)を整備した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.