検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

APPLE-2型アンジュレータの高速位相変調を用いた高分解能円二色性実験

Operation of circular dichroism measurements with periodic photon-helicity switching by an APPLE-2 type undulator at BL23SU at SPring-8

安居院 あかね; 吉越 章隆; 中谷 健 ; 松下 智裕*; 斎藤 祐児; 水牧 仁一朗*; 横谷 明徳; 田中 均*; 宮原 義一*; 島田 太平; 竹内 政雄*; 高雄 勝*; 佐々木 茂樹*; 青柳 秀樹*; 工藤 統吾*; 佐藤 一道*; Wu, S.*; 大熊 春夫*

Agui, Akane; Yoshigoe, Akitaka; Nakatani, Takeshi; Matsushita, Tomohiro*; Saito, Yuji; Mizumaki, Masaichiro*; Yokoya, Akinari; Tanaka, Hitoshi*; Miyahara, Yoshikazu*; Shimada, Taihei; Takeuchi, Masao*; Takao, Masaru*; Sasaki, Shigeki*; Aoyagi, Hideki*; Kudo, Togo*; Sato, Kazumichi*; Wu, S.*; Okuma, Haruo*

軟X線領域における円偏光2色性の実験は、物性のカイラリティや磁性を調べるうえにおいては大変に強力な手段であるが、実験のS/Nを上げたり、精度を上げたりするにはいくつかの困難があった。今回われわれはSPring-8のIN23に設置された佐々木型・可変偏光型挿入光源の位相切り換えによる、軟X線の偏光切り換えと分光器の制御を組み合わせた測定系を立ち上げる様子や問題点などについて報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.