検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Consistent description of collective level structure and neutron interaction data for $$^{12}$$C in the framework of the soft-rotator model

Soft-rotator modelによる$$^{12}$$Cの集団励起レベル構造と中性子相互作用データの統一的記述

千葉 敏; 岩本 修; 山内 良麿; 杉本 昌義; 水本 元治; 長谷川 和男; Sukhovitskii, E. S.*; Y.V.Porodzinskii*; 渡辺 幸信*

Chiba, Satoshi; Iwamoto, Osamu; not registered; Sugimoto, Masayoshi; Mizumoto, Motoharu; Hasegawa, Kazuo; Sukhovitskii, E. S.*; Y.V.Porodzinskii*; Watanabe, Yukinobu*

原研タンデム加速器を用いて、28.2MeV中性子に対する$$^{12}$$Cの弾性散乱及び非弾性散乱断面積の角度分布を測定した。得られた断面積データに集団励起レベル構造データ及びほかの中性子散乱データを加え、$$^{12}$$Cの20MeV~40MeVまでの断面積データ及び構造データを統一的にSoft-rotator modelを用いて解析することを試みた。はじめにSoft-rotator modelを用いて集団励起レベルをよく再現できることを確かめた。次に得られた固有波動関数を使用して、中性子断面積の計算のためのチャンネル結合法の結合ポテンシャルを計算し、断面積データをよく再現することを見いだした。この研究は28.2MeV中性子に対する$$^{12}$$Cの新しい散乱断面積データを得るとともに、このデータの解析を通して、この質数領域でSoft-rotator modelを用い、構造と中性子散乱を同時にまた非常によく記述できることを最初に示したものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:20.61

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.