検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Coulomb excitation of $$^{174}$$Hf K-isomer; $$gamma$$-ray spectroscopy with high-spin isomer beam

$$^{174}$$Hf K核異性体のクーロン励起; 高スピン核異性体ビームを用いた$$gamma$$線核分光

森川 恒安*; 郷農 靖之*; 森田 浩介*; 岸田 隆*; 村上 健*; 井出口 栄治*; 熊谷 秀和*; G.H.Liu*; A.Ferragut*; 吉田 敦*; Y.H.Zhang*; 大島 真澄; 菅原 昌彦*; 草刈 英栄*; 小川 雅生*; 中島 充夫*; 土田 秀夫*; 御手洗 志郎*; 小田原 厚子*; 木寺 正憲*

not registered; not registered; Morita, Kosuke*; not registered; not registered; not registered; not registered; G.H.Liu*; A.Ferragut*; not registered; Y.H.Zhang*; Oshima, Masumi; Sugawara, Masahiko*; Kusakari, Hideshige*; Ogawa, Masao*; not registered; not registered; not registered; Odahara, Atsuko*; not registered

高スピン核異性体を逆運動学的核融合反応により生成し、不安定核二次ビームとして用いるあたらしい実験手法を開発した。この手法により$$^{174}$$HfのK$$^{pi}$$=8$$^{-}$$核異性体からなる二次ビームを$$^{208}$$Pbの第二次標的に照射し、散乱粒子と脱励起ガンマ線の同時計数法を用いてクーロン励起実験をおこなった。核異性体上に構築されたJ$$^{pi}$$=9$$^{-}$$の第一励起状態からのガンマ線を測定し、その収量から換算遷移確率B(E$$_{2}$$;8$$^{-}$$$$rightarrow$$9$$^{-}$$)の値をもとめた。その結果、この核異性体上の励起状態は基底状態とほぼ同程度の変形をした集団運動の状態であることがわかった。実験データとの比較によると、この核異性体のK量子数はかなり良い量子数であると考えられる。また、この実験は高スピン核異性体二次ビームによる二次反応を用いて行われた初めてのガンマ線核分光実験であった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:30.72

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.