検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Rotaional alignment of the h$$_{11/2}$$ band in $$^{157}$$Dy

$$^{157}$$Dyにおけるh$$_{11/2}$$バンドの回転整列

早川 岳人; 藤 暢輔; 大島 真澄; 松田 誠; 初川 雄一; 片倉 純一; 飯村 秀紀; 静間 俊行; 御手洗 志郎*; 菅原 昌彦*; 草刈 英榮*; Zhang, Y.*

Hayakawa, Takehito; Toh, Yosuke; Oshima, Masumi; Matsuda, Makoto; Hatsukawa, Yuichi; Katakura, Junichi; Iimura, Hideki; Shizuma, Toshiyuki; Mitarai, Shiro*; Sugawara, Masahiko*; Kusakari, Hideshige*; Zhang, Y.*

原研のタンデム加速器を用いて加速した12Cビームを150Nd金属薄膜に照射することで、完全核融合反応を起し、157Dyの励起状態を生成した。157Dyの励起状態から放射された$$gamma$$線を多重$$gamma$$線検出装置でインビーム$$gamma$$線核分光を行い、157Dyの高スピン状態を観測した。3つの回転バンドを観測し、それぞれ(32/2-),52/2+,45/2-状態まで測定することができた。これらの回転バンドは、典型的な2組のE2遷移のカスケードから構成されている。特にh11/2の配位を持つバンドでは2つのE2遷移のカスケード間に高スピン状態までM1遷移を観測した。B(M1)/B(E2)比と回転軸の変化を、tilted axis cranking modelの計算結果と比較して、良く一致するこが判明した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:54.16

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.