検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Soft X-ray magnetic circular dichroism study of ferromagnetic uranium compounds

強磁性ウラン化合物の軟X線吸収磁気円二色性測定

岡根 哲夫; 竹田 幸治; 藤森 伸一; 斎藤 祐児; 岡本 淳*; 間宮 一敏*; 村松 康司*; 藤森 淳; 落合 明*; 芳賀 芳範; 山本 悦嗣; 大貫 惇睦

Okane, Tetsuo; Takeda, Yukiharu; Fujimori, Shinichi; Saito, Yuji; Okamoto, Jun*; Mamiya, Kazutoshi*; Muramatsu, Yasuji*; Fujimori, Atsushi; Ochiai, Akira*; Haga, Yoshinori; Yamamoto, Etsuji; Onuki, Yoshichika

ウラン化合物では、5f電子が遍歴・局在性の中間的な性質を持つことから、非常に多様な磁性を示す。そのメカニズムの解明のためには、スピンモーメントと軌道モーメントを分離して定量的に定めることが非常に重要な情報となる。軟X線領域の放射光を利用したX線吸収磁気円二色性(XMCD)測定は、スピンモーメントと軌道モーメントを分離して実験的に求める最も有力な実験手法の一つである。われわれはこれまでに典型的な強磁性化合物であるU$$X_{mathrm{c}}$$($$X_{mathrm{c}}$$ = S, Se, Te), UGe$$_2$$, UFe$$_2$$についてU $$N_{4,5}$$吸収端、並びにU $$N_{2,3}$$吸収端でのXMCDを測定した。その結果、強磁性ウラン化合物のスピンモーメントと軌道モーメントの比についての傾向を見いだした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.