検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of dose assessment method for high-energy neutrons using intelligent neutron monitor

インテリジェント中性子モニタを用いた数百MeV中性子に対する線量評価法の開発

佐藤 大樹  ; 佐藤 達彦  ; 遠藤 章  ; 山口 恭弘; 松藤 成弘*; 佐藤 眞二*; 高田 真志*

Satoh, Daiki; Sato, Tatsuhiko; Endo, Akira; Yamaguchi, Yasuhiro; Matsufuji, Naruhiro*; Sato, Shinji*; Takada, Masashi*

インテリジェント中性子モニタを用いた線量評価において、検出器である液体有機シンチレータの高エネルギー中性子に対する応答関数の評価が必要となる。この評価のために開発したSCINFUL-QMDコードの計算精度向上のため、荷電粒子に対するシンチレータの発光量を系統的に測定した。実験は、放射線医学総合研究所のHIMACにて行った。荷電粒子は核破砕反応を利用して生成し、飛行時間法によりその運動エネルギーを決定した。得られたデータをもとに新たに発光量データベースを構築し、SCINFUL-QMDに組み込んだ。これにより、SCINFUL-QMDは高エネルギー中性子に対する応答関数も精度良く計算できるようになった。

Light output of liquid organic scintillator NE213 has been measured for proton, deuteron, triton, $$^3$$He nucleus and alpha particle. A thick graphite target was bombarded with 400-MeV/u C ions to the produce charged particles. Time-of-flight method was adopted to determine the kinetic energy of the charged particles. Light output for proton was also measured using mono-energy beams of 100 and 160 MeV. The experimental results gave a new database of light output.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.