検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

In-beam $$gamma$$-ray spectroscopy of neutron-rich nuclei in the uranium region through the heavy-ion transfer reaction

重イオン核子移行反応を用いた中性子過剰のウラン領域のインビーム$$gamma$$線分光

石井 哲朗; 牧井 宏之; 浅井 雅人; 小浦 寛之 ; 重松 宗一郎*; 塚田 和明; 豊嶋 厚史; 松田 誠; 牧嶋 章泰*; 静間 俊行; 金子 順一*; 當銘 勇人; Hossain, I.*; 市川 進一; 河野 俊之*; 小川 雅生*

Ishii, Tetsuro; Makii, Hiroyuki; Asai, Masato; Koura, Hiroyuki; Shigematsu, Soichiro*; Tsukada, Kazuaki; Toyoshima, Atsushi; Matsuda, Makoto; Makishima, Akiyasu*; Shizuma, Toshiyuki; Kaneko, Junichi*; Tome, Hayato; Hossain, I.*; Ichikawa, Shinichi; Kono, Toshiyuki*; Ogawa, Masao*

中性子過剰核$$^{236}$$Th, $$^{240,242}$$U, $$^{246}$$Pu, $$^{250}$$Cmの脱励起$$gamma$$線を初めて測定し、それぞれ10$$^{+}$$, 12$$^{+}$$, 8$$^{+}$$, 12$$^{+}$$, 12$$^{+}$$状態までの回転バンドを確立した。さらに$$^{240}$$Uでは、9$$^{-}$$状態までの八重極振動バンドを観測した。これらの原子核は、$$^{rm{nat}}$$U, $$^{244}$$Pu, $$^{248}$$Cm標的と$$^{18}$$Oビームとの($$^{18}$$O, $$^{16}$$O)及び($$^{18}$$O, $$^{20}$$Ne)2核子移行反応により生成した。Si$$Delta E$$-$$E$$検出器を用いて散乱粒子$$^{16}$$O及び$$^{20}$$Neの運動エネルギーを選択することにより、残留核の$$gamma$$線を同定した。回転バンドの慣性能率及び中性子軌道のエネルギー準位の系統性より、中性子数152の変形閉殻が、陽子数96以上では存在するが陽子数94のPuでは消失することを明らかにした。また第1励起エネルギーの中性子数依存性より、中性子数164が球形閉殻になる可能性を示唆した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.